基本的には、縦一列を担当しますが、左右の人差し指のみ2列を担当、キーボード右の記号が中心となるところは右手小指が担当します。 その Fに左手の人差し指、Jに右手の人差し指を乗せてください。

8
指だけで動かさない• そのため、タイピングを早くするコツの第一歩目はキーボードの位置を正確に把握とすることです。

もし間違ったら Backspace(Macだと Deleteキー)で 入力した文字を削除して、正しい指で入力し直しましょう。

ミス0(ゼロ)を意識すると、自分が思っているよりもずっと遅いスピードになってしまいますが、慣れていけばこの状態でも少しずつ速度を上げていくことができるようになります。

またキーボードを見て文字を入力 このように、指の動きが止まる無駄な時間ができてしまいます。 タッチタイピングをする2つメリット タッチタイピングのメリットは2つあります。

4
「ホームポジション」に戻すことを意識することで「下を見ずに入力」できるようになります。

この時、それぞれのキーは対応する指で打つこと、1回1回ホームポジションに戻ることを必ず行ってください。 普段、薬指や小指はなかなか使うこともないと思うので、最初は動かしづらいですが、慣れてくれば何の問題もなくタイピングできるようになります。

左手人差し指は「F」、右手人差し指は「J」に置きましょう。

よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますがそんなことはありません。 また姿勢は、腕は若干「ハ」の字にして、肘を90度に曲げると指がスムーズに動き、疲労も溜まりにくくなります。

タイピング変換の裏技 これからタイピング変換の裏技について紹介していきます。 始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。

・落ち着いてワンテンポ遅くタイプする。 ホームポジションとは、キーボード入力を最も効率的に行うことができるとされる指の基本的配置のことである。 辞書登録 PCのショートカット 文字入力だけではなくパソコン操作も効率化する• 以下の記事を先に見た方がここの内容がさらに理解が深まりますのでぜひご覧ください。

17
キーボードを打ち、文字を入力した後は 必ずこの位置に戻ってきてください。 最初は感覚でもかまいません。