2011. これまでに数々の音楽賞を受賞。

5
抜群の歌唱力で奏でる素敵なハーモニーと、兄弟の息の合ったトークの掛け合いがギャップがあって面白い!と女性を中心に人気となっています。 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 縄の千切れたのれんを潜り オーアイヨアイヨアイヨアイヨ きみが泣くから海が泣く ひとは誰でもしあわせを求め 酒が涙の替りになって 夢をなくした奈落の底で 東シナ海日本海 海が裂ける岩が吠える あんたにあげた愛の日々を ずい分遠くまで来たなァ 転がる石を蹴飛ばした 視界三百六十度西に 風よ吹け花よ散れ涙も砕け 男の旅は一人旅女の道は帰り道 ドブに落ちたら面を出せ 果てしなき海の彼方に 蒼き海はわが母よ高き山は 海の匂いがしみこんだ 海鳴りが呼ぶ挑戦しろよと ボロと錦は表と裏の 誰にでもあるだろう 波に頭をぶんなぐられて 踊り疲れたディスコの帰り 春一番がやって来りゃ 指でさわれば傷つくだろう 働く人が 好きだから働く者の ひとり暮らしのアパートで 夢ものぞみも故郷も今じゃ演歌の 春まだ遠い如月は北風襟立て 時化で怯えて港にいたら 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し ひとつ男が泣く時ゃヨ 世間が許さぬ男と女 紅い紅い炎の大松明が 板子一枚生命をはった ゆんべも君の夢見たよ 私生まれも育ちも葛飾柴又です 男が唄う男の詩が ガキの頃からわんぱく坊主 とめるおふくろの気持ちは わかれにゃならぬ男はヨ 生まれ育った故郷の昔なつかし ガキのころから腕白で あかぎれ指先痛かろな 親父が船長で伜のおれが 子でも孫でもない他人の子を 前に広がるこの英虞湾の 海に抱かれて酒など喰らい 朝は燃える太陽夜は揺れる 愚か者よおまえの流した涙を 古い錨にからんだ夕顔の 酒は熱かん佐田岬肴はきんめ 人は誰でもこころの海に 今ゆけ海賊英虞湾駈けて 私はいつもあなたに言った うしろ向きに肩を寄せて 人の世の坂ころげ落ち でっかな親父の肩車 宵の嵐が嘘のよに水にさざめく 浪花生まれで河内の育ち ばかながきほどかわゆてならぬ 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し おやじの背なにしばられて 女の小指と情けほどけず 闘い終えた男らが暗い波間を 北へ東へ旅から旅へ数えりゃ 古い奴だとお思いでしょうが 生まれた港をはばたくときは 山背が吠えればこころも時化る 口は荒いが根はやさしくて 噂追いかけここまで来たよ 名もない港に桃の花は咲けど 男が二人で女がひとり 波の谷間に命の花が 波と岩との 喧嘩場岬 いとしいひとあなたはいま 嘘も誠も呑み込んで ふるさとに喧嘩祭りがあって 能登の岬に雷鳴れば船を 尾張の空から天下にひびけと 酔い覚めの水をにごらす宵の酒 君は眉あげ東を望む 忘れてしまいたい事や 他人の話か明日の空か 涙には幾つもの想い出がある 夜がまた来る思い出つれて 年齢を拾えば誰だってやけに 岩肌で眠る海鳥たちは 波の小鼓また大鼓かっこかっこと はるばると訪ねきた北の曠野 それじゃ行くぜと背をむけりゃ ZANZA ZANZAと男船あばよ. 父は、母はという漁業一家に生まれた。

二男一女に恵まれる。 2011. com これは見事にタイプの違うイケメン二人が揃いました。

7
ライブやイベントはもちろん、動画配信サイトでトークやライブ映像などを配信。

娘さんについても今後新情報があれば追記したいと思います。

15
1991. 身体も声もデカイ徹二さんは、食べ物をとても美味しそうに食べる。 2001. 2002. 本名は木村嘉平といいますが、デビューに際して、芸名に地元・鳥羽市の名を織り込むとは、いかにも熱い男です。

当然ながら鳥羽さんは娘さんを溺愛されているそうですよ。

14
「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。 徐々に活動の幅を広げているようで、今後の活躍がかなり楽しみ。

21 作詞 渡辺 桂 (補)星野哲郎, 作曲 中村典正• インディーズ時代(大学在学中)の竜蔵さんがこちら。

マスター:そうだね。

1987年~2007年まで連続出場を果たし、出場回数は20回に上る。 でも、腎臓結核を患い、船乗りとしての夢を絶たれたという過去を持っている。 自身で作詞作曲も手がける竜蔵さんは、父・鳥羽一郎さんの歌も作曲。

11
鳥羽一郎と弟・山川豊は親不孝息子だった?父親や母親に関する非情な発言でイメージ崩落か 鳥羽一郎の「兄弟船」をはじめ、数々の名曲には、「父親から受け継いだ海の男の血」「母親を思う息子」を思わせる歌詞が多く見られます。

少年時代には、両親の手伝いをしながら、自慢ののどを慣らし歌手への夢を描く。 10代で心身を海で鍛えることを決意し、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオを追った。

5
海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『』『』といったの作品だった。