ITTFワールドツアー・ジャパンオープン・荻村杯 シングルス3位/ダブルス準優勝M• [ 부당거래 ](2010) - 主演:チェ・チョルギ 役• 2014年から2019年11月現在まで常に世界ランキング5位以内をキープしており、特に近年は世界ランキング1位でいることも多い樊振東ですが、未だ世界選手権やオリンピックなどのタイトルは獲得していません。 前述のチキータと合わせ、前陣において無類の強さを見せる。

19
[ 장군의 아들 ](1990) - 支配人 役• プレースタイルは 横回転系のレシーブを中心に、攻撃的で多彩なレシーブ戦術を展開する。

樊振東(ファン・ジェンドン)とはどんな選手 プレースタイルは スポンサードリンク 生年月日 1997年1月22日(21歳) 右利き グリップはシェークハンド 広東省広州市に生まれ、6歳で卓球を始めた。 (2019) - 主演: 役 ミュージカル [ ]• 2016年の際には既に世界ランク2位と中国国内でも指折りの存在であったが、若さと大舞台での経験不足から代表入りは出来ず、Pカード(団体の交代枠)でチームに帯同したが出番はなかった。

年齢やプロフィールを調査! 経歴をチェックしましょう。 [ 한반도 ](2012、) - 主演:ソ・ミョンジュン 役 舞台 [ ] 演劇 [ ]• 2009年に放送された中国版「」でヒロインを演じ、一躍人気者になった。

それに加えて凄いのがチキータでしょう。 net まあ馬龍超えはまだ遠そうだ というか馬龍の衰え以外で樊が馬龍に勝ったと言えることはもうなさそう 去年の世界選手権がラストチャンスだったんじゃないか? 去年でさえアジアカップでこけて馬龍は衰えた、もう樊の時代だ。 第34回青龍映画賞 - 主演男優賞(『』)• このように速さで上回る相手に対して時折脆さを見せている中国選手ですが、この樊振東に関しては速さ勝負にも非常に強いのが特徴です。

12
リオオリンピックでの代表落選の悔しさは当然世界卓球選手権でとりあえずはぶつけてくることでしょう。 史上最年少で世界選手権中国代表に選ばれ、若くして世界ランキング1位に位置する世界最強の卓球選手の1人です。

そういった意味で、、、以上に日本にとって天敵ともいえる存在となるのがこの樊振東という選手なのです。 人選に関しては、実力もさることながら国際舞台での経験を考慮したといわれていますが、選ばれなかった樊振東にとって大きな挫折を味わったのは間違いないでしょう。

10
2017年の世界選手権では決勝で馬龍と対戦し、卓球史に残る壮絶な試合を演じました。

これについて聞かれたジェン・シュアンは、「もう、みんな知ってることだから」と話し、2人の交際を認める形となった。

16
2018年• その鍛え抜かれた肉体から繰り出される両ハンドドライブの威力は世界トップクラスです。

2015年の第22回()では男子シングルス、男子ダブルス、混合ダブルス、男子団体の全てで優勝し4冠を達成した。

Contents• 引用元:ウイキペディア 樊振東 プレー動画 張本智和と樊振東(ファン・ジェンドン) 前回の対戦 動画 張本智和が世界ランク1位の樊振東に勝利 ネットのコメントは?. 特には世界最速のスピードと抜群の回転量を誇り、回転バリエーションも豊富なのでレシーブするのは非常に困難である。

第5回ディレクターズ・カット・アワード - 新人演技賞(『ロード・ムービー』)• 狙いはもちろんシングルスとダブルスでの優勝ですが、特にシングルスでは名実ともに、、の三強に引導を渡して優勝し、完全なる世代交代を完成させる事を目論んでいるはずです。 15歳で既に世界一の層の厚さを誇るトップへ昇格した、まさにエリート中のエリートなのです。 その後、2015年の世界選手権蘇州大会でシングルス3位や、同年のアジア選手権大会で4冠など輝かしい戦績で既に中国のエースとして活躍しています。

7
概歴 [ ] に生まれ、6歳で卓球を始めた。 ラリーになると、世界トップの反応と予測能力でどんなボールに対しても最適な体の入れ方でボールを打ち、相手をどんどん後ろに押し込んで得点するパターンが多い。

- 演劇部門 チケットパワー男性俳優1位• ブロードウェー 42番街(2004)• 一時期は。

19
三強と呼ばれている中国に長く君臨している王者たち、と、の三人に共通しているのは、三者とも素晴らしいフィジカルを有しているという事です。 2013年• その後も中国国内のトップ選手を打ち破るなど、実績を重ねていき中国の次世代のエースと呼ばれるまでになりました。

直後の東アジア競技大会では決勝で(中国)を破って優勝し、中国男子の次代のエースという呼び声も高い。

2
三強のやに比べると、打点の高いドライブが特徴的です。 ラリーになると、世界トップの反応と予測能力でどんなボールに対しても最適な体の入れ方でボールを打ち、相手をどんどん後ろに押し込んで得点するパターンが多い。