同じ職場の後輩女性にとっては、このうえない迷惑ですよね。 育休明けに退職したい理由 育休明けに退職したいと考える理由は、ママによって違います。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

14
質問者様の質問文を拝見して、何とか質問者様に元気出していただきたくて回答を書かせていただいています。 ですから「新たに〇〇にチャレンジしたい」といった前向きな理由か「家庭の事情」など、個人的な理由として伝えることをお勧めします。

私も肝に銘じます。

13
圧倒的に多かったのが、仕事との両立。

慣れが体を楽にしていきますよ。 育休明け退職の衝撃があるところに、否定的な理由を言われれば、会社の心証は一層悪くなり、スムーズに退職ができなくなるかもしれません。 スムーズな復帰のために準備しておきたいこと 育休からの復帰には、事前の準備がとっても大切。

子育てに専念していきたい、というのならそれで大丈夫ですし、転職をするつもりなら希望する職場についてリサーチしておく必要もあるでしょう。 そんなことを考えて、復帰が億劫になったりもしますよね。

待機児童も沢山いますので、基本的には退園になります。 「その他不利益な取扱い」の典型例としては、 1 退職・パート等への変更の強要、 2 自宅待機命令、 3 降格、 4 休業期間相当分を超える減給・ボーナスカット、 5 不利益な配置転換、 6 就業環境を害すること、 などがあげられます。

それぞれ環境も事情も違いますから、こうすれば大丈夫という答えはありませんが、それを見つけていくのが育休復帰後のワーママ最大のポイントと言っていいかもしれません。 退職すると保育所に言うのではなく、退職しようかと考えているが実際退職したら退園になるのか? 退園になるのなら退職後どのくらい後なのか? と上手に聞いてみてくださいね。

育休を取得し、保育園になかなか預けられなかった先輩ママのお話を聞かせてください。 次に、すでに支払った賃金の返還請求は 公序良俗に反する、または会社の権利濫用ということで無効にはならないのでしょうか。

8
パパとの役割分担を決めておく 復帰への心配で大きかった育児との両立には、パパとの分担が不可欠。 半年の延長をお願いして そのまま追加募集だったり、 認可外を申し込みましたが入れず💦…… 返金はなかったです。

A ベストアンサー こんにちは。

3時ぐらいにまた機嫌が悪くなって泣き叫び、4時に抱きついて来て気絶するように寝ます。

ほかにも短時間で転職先を選ばないといけないので、転職先をじっくり選べないこともあるでしょう。 ただでさえ育児と仕事の両立は大変なので、職場の理解を得られないと退職を考えてしまうのも頷けます。 しばらくすると、何も言ってこなくなりました。

3
【A7】 育児休業や介護休業後に、原職または原職相当職に復帰させることを、事業主は配慮することとされています。

今はまだぼんやりとしかイメージしていなくても、復帰が近づくと退職の気持ちが強くなることもありますし、復帰した後は仕事と家事・育児の両立で忙しくて次の就職先を探す時間は限られてしまいます。 よって返還はしなくてもよいかと思います。 育休中に転職すると、周りからの印象が良くなかったりモラルのない人だと思われたりすることもあるので、注意が必要です。

2
育休明けの退職で周りに迷惑にならないように努力することが大事 育休を取っている間は、会社はその人が復帰してくることを前提にしています。