そうだ、もうすぐあの日がやってくる、と、本書を手に取った。

5
それから忠告を一つ。 そしてその時、あることに気づいた。

この会の発足目的、メンバー、主な活動内容と共に、会の代表者の吉備素子氏からのメッセージを送らせて頂きますので、ご一読の程、よろしくお願い申し上げます。 ジャーナリストやメディア側の視点ではなく、内部の、ットやクルーたちはどう感じていたのか、というポイントに興味を覚えた。

その闇の正体を多くの探求者が、すでに探り当てているのである。 上記メルマガを初めてご購読される場合、 2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

遺族は納得しませんよ。 いわば私らの敵とされてきたのご遺族は、身内を亡くしながらも、さらにつらい日々だったと思います。

詳しくはをご参照ください。 歴史の中で事実として定着してきた話。

事故調査報告書で不起訴とも知らなかった。 壮絶な取材の日々が想起され圧倒されました。 午後六時四十分頃、突如として、実家の上空を航空自衛隊のファントム二機が低空飛行していった。

13
その方も高齢のため、足を痛めて杖を突いていらっしゃいます。

さんで、1ヶ月にわたり遺族との交渉や遺体の確認に奔走したが、10月11日、突然、で死亡した。 取材は、岩本太一氏までお願いします。 伊達家の先祖つながりの方々も、の塾員として入舎台帳に名前のある時代や議員時代からの方もの方々も多くいます。

1
これらを客観的に分析せず、35年間も(当時)が出した推定のままの結論を鵜呑みにして放置し、520名というとてつもない死亡者数に対する責任を誰も取らずに不起訴となった事実は、誰もが重く受け止めなければなりません。

また青山透子のプロフィールには元日本航空のスチュワーデス(キャビンアテンダント)で、その後東京大学大学院の博士課程を卒業後に大学の講師をやっていると書かれていますが、これらはすべてウソだということが判明しています。

直言の状況が続いている。 従って、この事件の真相を明らかにすべく、法的手段を講じて情報開示請求を行うことをサポートして世間に広く伝え、これを究明することを目的とする。

心から敬意を表する。 そして、様々な角度からの疑問について、時系列に沿って、多くの情報提供者の声をお届けしました。

4
しかし、いまだに納得していない遺族の存在がある。