自身の血流の操作による自己強化に加え、排出した血液を操作して相手を攻撃したり、矢に血液をつけておくことで、放った矢の軌道を自在に変えたりできる。 加えて、宿儺の魂によって真人の「無為転変」の影響を完全に受けない。

17
特級 呪霊の最上位の等級。 また、「筋」を通すことを重要視し、「尊敬している七海サンから認められずに1級になる訳にいかない」と言う理由で、彼の推薦で昇級することにこだわりを持つ。

結界術は内からの耐性を上げるほどに外からの力に弱くなり、「領域」は閉じ込めることに特化した結界のため、外から侵入することは容易だったのです。 懐玉編では、伏黒甚爾に3000万円の報酬で星漿体・天内理子の暗殺を依頼し、星漿体の遺体を自身に渡した彼に報酬を渡した。 使用する術式は「呪霊操術 じゅれいそうじゅつ 」。

8
あみあみだけの撮りおろし画像は、他では見られない 様々なアングルや、シチュエーションにこだわった画像で、フィギュアの魅力をお伝えします! 百鬼夜行では新宿で五条の足止めを担当した。

3年生に進級した2007年、新宿でと夏油に遭遇した後、五条に連絡をした。 呪いが見える妹がおり、彼女には高専に来ないように強く言いつけていた。

13
出来なければ両方死亡する。 その後、蓄積した奇跡を消費する形で復活を果たすが、魔虚羅調伏の儀に参加したところ、宿儺の斬撃で死亡した。

乙骨憂太も、彼の子孫に当たる。 そして、村の住人112人を皆殺しにし、さらに「実の家族だからと特別扱いするわけにいかない」という理由で、自身の両親も殺害している。

5
そこで多くの学校には魔除けとして呪物が置かれており、「両面宿儺」も仙台にある杉沢第三高校の魔除けとして保管されていました。

また、この頃から呪術界のパワーバランスが大きく変わり、多くの呪詛師・呪霊の活動が制限された。 その一方、五条は内心で彼女を信頼していた。

基本的に自己中心で、作中でも「己の快、不快のみが生きる指針」と表現されており、気に入らないものがあったらなんでもすぐに斬り捨てている。 発売当時の価格(旧税率)と異なる場合がございますので予めご了承ください。

封印されている呪物は魔除けになりますが、長い年月により封印が緩んだ呪物は、逆に呪いを呼び寄せる餌となってしまいます。 「(ぬえ)」 頭半分を覆う骸骨の面をつけた怪鳥の式神。 降伏した呪霊を取り込み、自在に顕現させ、 使役することが可能。

近接戦闘も可能。 釘崎は高専入学後も、彼女を心の拠り所としている。

その後、釘崎と新田と対峙し、彼女らを痛めつけて楽しむが、その途中で、伊地知達の死を見て激怒した七海の襲撃を受ける。 並の式神より強力で、完全に破壊されると二度と顕現できないが、破壊された式神の遺した術式と力は他の式神に引き継がれる。

1回戦である団体戦では、飛び入り参加の虎杖は、京都校で最強の3年生・ 東堂葵の相手を担当することになる。

ピストルを愛用していて、リボルバーを使うのは弾数でブラフをはるためであり、弾を全部使ったと思わせておいて構築術式で弾を作り敵の不意をつく戦法を用いる。 47歳。 発売から時間の経過している商品は生産・販売が終了している場合がございますのでご了承ください。

呪骸は高い戦闘能力を持つことに加え、人形であるが故に痛覚や恐怖心を持っておらず、殴られても怯むことなく襲ってくる。 読者には自身の復活が有力視されているものの、全ては未だ謎に包まれている。