それまで愛知県では「とちおとめ」や「章姫」が主力品種でしたが、とちおとめよも収量が多く、章姫よりも輸送性の高いイチゴを目指しゆめのかが誕生しました。 果肉はほどよいかたさがあり、果汁が豊富でジューシーです。 1999年(平成11年)に愛知県農業総合試験場で育成を開始し、2007年(平成19年)に品種登録。

16
着色の少ないものや、濃すぎて黒っぽくなったりツヤがなくなっているものは避けたほうがよいでしょう。 ゆめのかは、これらの特徴を継承して品質のよいイチゴとして誕生しました。

ゆめのかの特徴 「ゆめのか」は、「久留米55号」と「系531」を交配して育成した愛知県のオリジナル品種です。 また甘味と酸味がほどよく調和し、風味のよい甘酸っぱさを味わえます。

10
ゆめのかの選び方(見分け方) ゆめのかは果皮が鮮やかな赤色になるのが特徴なので、全体がきれいに色づいているものを選びます。

また、へたが青々としていて、果皮に張りがあるものが新鮮です。 親品種から優れた特性を受け継ぐ ゆめのかの母親である久留米55号は、九州沖縄農業研究センターが育成した品種で、収量が多いのが特徴。

。 。

11

。 。

20

。 。

19

14