」 れいむはにべも無くはねつける。 まずは「自分」というものを「受け入れる」こと。

18
性格は明るくておしゃべりだと思うのですが・・それにしても今の中学生は体の欠点を平気で言ったり、キモイなんて言ったり、 びっくりするばかりです。

黒い髪に真っ赤なリボンが映え、ゆっくり特有のややふっくりとした体系が、小学生ぐらいの体格とあいまい非常に愛らしく感じる。 長文になりますが大変申し訳ありません。 」 なおも大杉は食い下がる。

6
私自身そんな気に障る事をした覚えもないし なるべく周りに優しく接するようにしているのに 何故ここまで嫌われるのかわかりません。 俺はいじめをしたことありますね。

回答の方の文章も読ませていただいたのですが、疲れてんだから、というのもいいですし、私の言葉もなかなか使えるんじゃないでしょうか?だめですかね?とにかく私はそういうことを言う人って、その人自信もコンプレックスがあるんじゃないかな、と思っています。 この場合、録音だの録画だので証拠を残すのは現実的に困難ですが、丹念に日記で 記録するほうが証拠としては強いです。

10
嫌われ過ぎて私なんて生まれてこない方が よかったのかな…と最近悩むようになりました。 お小遣いの範囲でできることをすればいい。

ただ被害者意識は持たない方がいいですよ。 作品の続きが気になる方は、コミックフェスタで配信中の『きもちぃ、イジメ。~好きな人を守るために100回イカされました…』を是非チェックしてみてください。 いちばん問題になるのは笑われたときに自分が全否定されたように感じてしまうことです。

3
まあ、不細工だって慣れますから。

お願い。

2
そして最後にめくった後の相手の反応を楽しむ。 その引きつける部分が一般的に見て魅力的なものであるかどうかは、あなたに会ったことのない私にはわかりません。

思う存分めくりたい。 仲の良い子たちには普通のようですが、からかったりする対象には行動なども異常に思えます。

」 れいむがぷりぷりと怒りながら言う。