普通は、自分の体が先に進行方向へ進み、うしろにいるママの手を引っ張るが、クレーン現象の場合は、自分たちは後ろにいて、手だけ前へ進めようとしたり、ママの身体を押したりするため、不自然に見える。 そのため、毎日のスケジュールもパターン化したほうが精神的も安定しやすくなります。 また、相手の気持ちが分からないため、自分の要求や取りたい物はこの人(クレーンの人)も当然知っているだろうという考えになっている場合も有ります。

2
発達障害には早期発見・早期療育が有効である、という誰でも首肯できる言葉を信じて、約40年前私たち小児科医は間違いをおかしました。

その頃から、娘の突出した行動が目立つようになってきます。 自分が話したいことや興味を持つことだけを一方的に話すことがあり、聞き手の反応に無頓着である 行動や興味分野のパターン化 発達に影響が出ている子供は、行動や興味分野にパターン化が見られることも少なくありません。 自閉症の子どもは、道順、物の位置、並び方など、様々なものに強いこだわりを持つ傾向があります。

8
(2)繰り返し行動(常同行動) 自閉症の子どもは、視覚・聴覚・触覚・味覚などの感覚が普通の人とは違うことが多いようです。

クレーン現象が見られる年齢 クレーン現象は、言葉で欲求を訴えたり、指差しなどを行えない 0歳~2歳ごろの子供に多く見られます。

4
うちの場合も、まさにそれでした。

クレーン現象(ものなどを取ってほしいときに、おうちのかたやそばにいる人の手をつかみ、そのものや場所まで持って行く行動のこと)は必ずしも自閉症のお子さんだけに見られることではありません。 自閉症の子は言葉の理解や表出、指差しが苦手で、意思表示をするとき、代わりにこのクレーン現象がよく見られることから、特徴の1つとして考えられています。

17
ですので、療育としては、まずは指さしができるようになることを目指すことになります。

持ってきて目の前に差し出したり、こちらが差し出した手に渡すのであれば、極普通の要求行為と思います。 〔クレーン現象〕 クレーン現象とは、自閉症の子どもが、自分の欲しい物を取りたいときに、人の手を掴んで、その手を取りたい物の近くに持って行き、人の手を使って取る現象のことです。 言葉の発達が遅れます。

17
二歳年上の兄が発達障害を疑われていたこともあり、自閉症に関してはそれなりの知識を持っているつもりでした。

クレーン現象はどんな場面で現れるの?健常児との違いは? 赤ちゃんが自分で何かをしたいときや何かを伝えたいときに、クレーン現象は見られます。 この女児は他者の意図を理解することができる、というのが私の判断です。

7
このような様子が見られる場合は、健常児の成長過程とは言えない可能性も潜んでいます。 人の考え方や感情は、さまざまです。

健常児でも言葉をしゃべり始める1歳~2歳頃の間は、自分の意思表示が上手にできず、他人の手を使います。

一般的には「対人関係における障害」「コミュニケーションにおける障害」「行動や興味分野が特定のものにパターン化していること」の3つの特徴があり、それらを観察することで発達に影響が出ていると診断されます。 お茶碗やコップも同様に、自分の利き手以外で取ろうとすることがあります。

2歳ごろまで様子を見て、あまり言葉の理解をしていないようでしたら発達の専門医を受診されることをおすすめします。

17
まずは、投稿された質問はこちらです。 簡単に言えば直接的な要求です。