ハクが名残惜しそうにしているのは宮崎監督曰く、永遠の別れを表現しているのだそうです。 仲良くなりたいという感覚がないためかただ「欲しい」という感情しかなくて、千尋を手に入れるために番台の札を盗んだり、手から砂金を出したりしていました。

この対比により橋を渡るという行為で千尋の成長を表現しているのだと考えられる。

これが 一般的に認知されている千と千尋の神隠しのエンディングです。

2
一方、カオナシのラストシーンはというと、ここまでストーカーのように千尋につきまとっていましたが、千尋と湯屋へは一緒に帰りませんでした。

でも、カオナシというキャラクターがいることで、千尋のように自分のやれることをやって「今、ここ」をどうやって生きるのかというメッセージが伝わってきますよね。

6
この世界では名前を知っていることで本当の姿を取り戻すことが可能になるということはハクのうろこがはがれるラストシーンからでも明らかである。 本当のラストシーンの説でも 映画内でのこのセリフ、 「一度あったことは忘れないもんさ 思い出せないだけで」 というのがぴったり当てはまりますよね。

千と千尋の神隠しは『もののけ姫』の続編でもあり『となりのトトロ』の続編でもある? 千と千尋の神隠しは『もののけ姫』の続編説 こちらに関しては設定資料がちゃんとあり、千尋はサンの子孫であることが書かれています。

以上、千と千尋の神隠し「豚の問題の意味」と「振り返るとどうなるのか」の考察でした。

はじめは千尋の必要とする薬湯の札、砂金、食べ物、と。 最後のシーンは、千尋が川でおぼれた記憶があったという事実が大切なのではなく、広い意味で、 人間が水との共存を取り戻すメタファー であろう。 一応『もののけ姫』の時代設定は室町時代です。

3
カオナシのラストシーンについての情報はたくさんありましたが、その後どうなったかについての情報はありませんでした。

大切なものがすり替わったのに。 宮崎駿監督もこの水上を走る電車のシーンは入れたかったとおっしゃっているほど我々の脳裏にも焼きつくシーンとなっています。 ここでも自分で行動するというよりは受け身である。

6
もし仮に、この都市伝説を広めた人が意図して行ったとしたら、それはそれは、大成功を収めています。

それまでの宮崎駿作品はメッセージ性のしっかりしたものばかりでしたが、確かに「千と千尋の神隠し」では明確なメッセージはないように感じます。 あっという間の滞在だったといえます。

17
ラストは「車の中」は映し出されませんが、明らかに車に乗っている表現は記憶に残ります。 」と言い、次に湯婆婆が見る視線の先は坊、ではなく砂金なのである。