光村図書から出版されている版では、李立祥が挿絵を手がけています。

18
「スーホの白い馬」のクイズを作ってみました。 スーホは立派に成長した白い馬に乗り、見事競馬大会で優勝する。

) 第四場面 ・ 四場面の絵は五場面に食い込む場所に掲載されているため、やや子供が混乱しています。 そして、話せることで、他人とコミニュケーションを取ったり、話合ったり、気持ちを伝えたりします。 会えなくて悲しい。

「スーホの白い馬」の主発問は、「スーホの気持ちの曲線はどれが正しいか」で話し合う どちらの答えが正しいと思うか、自分の考えをノートに書きます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

「本文」と「想像したこと」を表にまとめた教材研究資料と合わせてご覧ください。

15
2年生の学習では、細かい読み取りよりも、 物語に浸って楽しく味わうことを大切にしたいです。

その年は干ばつがあり、草原は緑ではなく赤っぽく見えました。

その時に、背中に矢がささり、大変なけがをしますが、それでも走り続けて、スーホに会いにいくのです。

挿絵を見ると豊かそうなのですが、「実は貧しい」という話を私が強調したため、下のようになってしまいました。 教科書の再録後、当初は「白い馬」というタイトルだったが、1974年から「スーホの白い馬」に変更されている。 追手が射る矢で傷つきながらも、馬はスーホのもとに戻ったのです。

楽器を弾くと、スーホはどんな気がしましたか?----- 自分のすぐわきに白馬がいるような気がしました。 。

第八場面 ・ 「スーホはどこへ行くときもこの馬頭琴をもっていきました」という記述があります。

19
』と話してくれたから」 という意見が出てきました。 同時に満洲画壇における気鋭の論客でもありました。

本作の絵では、モンゴルの草原は赤く描かれていますが、それには次のような背景があります。 これはただの民話ではなく、当時の中国の事情と関わりのある物語なのです。 スーホはその命令を拒否し、殿様の家来たちに暴行され白い馬を奪われる。

長文、失礼しました。