摩耶は犬に捕らえられていた 小屋の中で出産していたので、 もしかすると、本当に犬が 種付けしたことで生まれた 子供だったかもしれないからです。

15
奏は、「森田の血」の真相を究明する為、祖父の隼人を訪ねます。 ダムの入口には命の大切さを説く標語も掲出されているようです。

すると、奥の部屋から女性のうめき声が聞こえます。 作品トップ• 一時停止して見てみると、確かに凹凸のある人の顔に見える何かが、ブロックの間にうっすらといるのが分かる。 監督:清水崇 出演者:三吉彩花(森田奏)、坂東龍汰(森田悠真)、大谷凜香(西田明菜)、古川毅(成宮健司)、宮野陽名(籠井摩耶)、奥菜恵(優子)、須賀貴匡(圭祐)、寺田農(山野辺)、石橋蓮司(中村隼人)、高嶋政伸(森田晃)、高島礼子(森田綾乃)ほか 目次• 外部リンク [ ]• 怖がる悠真をよそに、明菜は特に何も気にすることなく近くの廃墟のトイレで用を足しましたが、明菜は何者かによって顔を掴まれ、廃墟に閉じ込められそうになりました。

16
とても生きた心地のしない場所でした。

友人3人も連れて行きますが、トンネルを塞ぐブロック塀を登ってなかに入った悠真を置いて、彼らは帰ってしまいます。

10
この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 ある時、遼太郎の父親から、実は遼太郎は実の息子ではなく養子で、実の母親は死産した事を聞かされます。

突然現れる幽霊に驚かされたり、それにキャラクターがパニックを起こしたりするような、 怖いというよりもビックリするようなお化け屋敷的なホラー演出が多かったです。 よく「PG12のレーティングは12歳未満の子だけでみられないし、親が一緒でないと映画は鑑賞できない」と間違われますが、たとえPG12指定の映画だったとしてもあらかじめ保護者や成人済みの方の承認があれば、年齢に満たないお子さんだけでも映画館で映画を鑑賞できます。

築100年を超える木造家屋などがあり、数々の恐怖シーンでリアリティを出しています。

外では体験できない濃い暗闇に飲み込まれそうになる。 この少年と赤ん坊は、のちの奏の母方の祖父と祖母だったのです。 その近くには、外界と隔絶された「犬鳴村」があり、数々の都市伝説が長年に渡って語り継がれているらしい。

10
それ以降、彼女は奇妙なわらべ唄を口ずさみながら、不気味な絵を描くようになりました。

明菜は、紙に犬と思われる不気味な模様を描いており、「わんこがねぇやに、ふたしちゃう」と、不気味なわらべ歌を口ずさんでいました。 撮影しながら小走りに後ろから走ってくる感覚や、後ろから笑う女の声。

10
が!!!終盤のトンネルでの化物との睨み合いのシーン、なんだあれ!? あそこで化物があんなロボットダンスみたいなのする必要ありました? なぜあれで尺を伸ばそうとした??もっといい方法あったでしょ!?って感じです。

…トイレでした。

というか「タイムトラベルしてました!」だと個人的に納得いかないので、タイムトラベルを否定する形で考察してみました。