編集局運動第二部の塩谷耕吾記者(34)が、関係者から不正にまつわる最初のヒントを得たのは3月のある夜、都内の餃子料理屋でだったという。 韓国 [ ] 『』、『』、『』傘下の『』、『』傘下の『』、『』傘下の『』、『』傘下の『』、『』傘下の『』等が知られている。

2
一般紙にないスポーツ紙の〝売り〟は、1に「競技スポーツの感動」であり、2に「競馬などギャンブルの興奮」、3に「芸能のエンターテインメント性」であると思う。

「江川でさえ9回持たないのに、なぜ堀内をあそこまで投げさせた」という見方もあるだろうが、ベンチがいけると判断しての続投なのだからしかたがない。

19
デイリーの 一面ロゴが「KEEP DISTANCE」のメッセージ 入社2年目の女性整理記者が考案 まいどなニュース 神戸新聞社• 行わない月もある)の翌日も一部を除き、即売のみの「特別版」(号数を加算しない号外扱い)を発売している。

中国 [ ] 東方体育日報などが有名。 野球のコラムを超えて、日本でも珍しい良質な読み物だった」と言わしめたのは、まさに素直な喜怒哀楽を、ファンと共有できたコラムだったからに相違ない。

9
毎日新聞のスポーツ紙。 「スポーツ紙のジャーナリズム」 取締役編集局長 丸山 伸一 の論説副委員長だった昨年6月、『スポーツ報知』発行社の編集局長へ異動を命じられた。

ブログのアクセスも一日5000件くらいだったのが、記事が載った日は急に30万件くらいのアクセスになって、ブログをたくさんの人に見て頂けることは本来ならうれしいことであるはずなのに、逆に怖くなってしまったんです。 長嶋だって王だって容赦しない。 「ゴー」を出す。

10
「130分の1だよ」などというセリフは勝ったチーム、勝ち越しているチームがいえること。

これはどうなるのか。

1
を中心に(、、離島の一部除く)で販売。 デイリースポーツ(神戸新聞系) デイリースポーツ(瀬戸内印刷版・10版) デイリースポーツ(広島印刷版・10版)• その後特に駅売り即売版の読者拡大を念頭に、1970年代中盤頃から題字を少し左にずらして大見出しを出すようになった。

入手場所:気が向いた時に買う程度。 発行日:日刊紙(配達の場合、新聞休刊日は臨時即売として対応)• スポーツ報知(読売新聞グループ) スポーツ報知(西部本社管内)• 以前、から「性の商品化の助長」などとして、夕刊紙とともに槍玉に上げられたこともあった。 一部売り:(中スポ)130円/(トーチュー)140円• ラグビーと阪神、翌日のスポーツ紙が楽しみで仕方なかった。

5
月極:3,550円• 揶揄するような切り口や見出し付けが多い。

(福岡:経営不振により休刊)• 長嶋選手は2割4分4厘の打率を残し、引退した。

20
かつて竹下登は国会の日程をにらみながら国会対策を日々考えていたというけど、そういう意味で今月のスポーツ紙の芸能面はあとから振り返るとバツグンに面白かったのである。 スタートラインに戻すために消化する試合をいくつに抑えるか。

入手場所:西鉄福岡天神駅で初めて入手 講談社の関連会社である日刊現代社が発行する 「雑誌」(新聞協会から新聞と認めて貰えないため)。 (発行。 お許し願いたい。

2
東京では「夕刊デイリースポーツ」の題号(類似題の宮崎県のローカル夕刊紙とは無関係)で2009年まで夕刊も発行していた(主要駅、コンビニエンスストアなどの新聞スタンドを対象とした即売版専用)。

道内に拠点を置く北海道日本ハムファイターズの話が一面に来るのが特徴。 来年からは、お前が監督をやれ。

当ブログは2012年10月に始まりました。