MCUフェーズ4の1発目となる作品だけあり、多くの期待が寄せられている中、最初3話の時点でファンの頭をフル回転させるような伏線や仕掛けがたくさん組み込まれている。 これは『ワンダヴィジョン』第2話でワンダが発見したヘリコプターのおもちゃである。 ウエストビューに関係している人間から町や住民に関する記憶が消えており、その異常な事態を認めたモニカはウエストビューの方面に向かって、ヘリコプター型のラジコンを飛ばします。

『キャプテン・マーベル』から再登場となったモニカ・ランボーが外の世界へ投げ出され、物語が急展開を迎えたシーンから始まる本映像では、『マイティ・ソー』のダーシー・ルイス、『アントマン&ワスプ』のジミー・ウーが登場。

想像を超える物語の真相へさらなる期待が高まる。 D」はウエストビューを囲むように六角形に展開されたフィールド内で発生している現象を突き止めるため、エージェントのフランクリンに防護服を着せ、下水道からウエストビューへと潜入させます。 この世界を操っているのは…… ルイスからポテチを「欲しい?」と聞かれ、子どものことだと思い語り出すジミー・ウー捜査官。

19
ルイスは番組内で1話に1回必ずラジオの近くでワンダが皿を洗う描写があることに気づき、ウーにラジオを使った交信を行わせます。

「ワンダヴィジョン」第3話配信後の2021年1月24日(現地時間)、英Empireの記者クリス・ヒューイット氏が自身のTwitterにて「(物語が)どう進むのか待ちきれません」と投稿。 そこに映っているのは『ワンダヴィジョン』第1話の様子だった。

このシーンのルイスとウーは、先週の私たち視聴者と同じ状態。 モニカは、ワンダに弾き飛ばされ、そのまま外の世界へと出されてしまいます。

『アントマン&ワスプ』の時よりも少々出番が増えたようで、フェーズ4での活躍が期待される。

に戻ったモニカは長官のヘイワードにしばらくは地上任務に就くように命じられ、 「 ある街の失踪事件」 について調査するように命じられます。

18
そしてダーシーたちは、 ついに映像の中にモニカの姿を発見します。 CONTENTS• 3話目のラストの違和感 C 2021 Marvel 3話目に描かれていた最大の違和感。

モニカ以外の登場人物、それは本来のウエストビューに住む失踪した人々だったことが明らかになります。 モニカが送り込んだドローンが、レトロバージョンになっている写真だ。 テレビで放映されているワンダとヴィジョンの「シットコム」は、作中でルイスが気がついたように、ワンダにとって都合の悪い描写は「検閲」されてしまいます。

16
ワンダは自らの意思で「世界」を作り出したのか、それとも番組を「検閲」している「何者か」によって導かれてしまっているのか。 気になる今後の展開に繋がる要素 C 2021 Marvel 「Episode4」によって多くの部分に説明がなされましたが、未だに明らかになっていない部分や今後に繋がる伏線が多く存在しています。

テレビにはアベンジャーズのワンダと、サノスによって直接殺害されているため復活することはないはずのヴィジョンが主役の「シットコム」が映し出されます。

12
現場を訪れたモニカはFBIの捜査官ウーからウエストビューで発生した異常な事態の説明を受けます。

ビッグバンの残存放射に放送周波数が絡んでおり、古いテレビでその周波数を傍受すると、この画面が表示されたという。 NEXUSといえば、エイジ・オブ・ウルトロンでトニーが、ミサイルの発射コードを調べるため?に向かった場所ですね。 僕はいつもSTW2000で見てるんですが、今回はなぜか音が小さくて見づらかったです. 「変化は最初から決めていたルール。

ワンダとヴィジョンが第2話で何度も物音を聞いていたのは、このせいだろう。 任務は、観察と対応で、宇宙からの脅威に対して行っていることが分かります。

しかし、物語内でモニカが演じるジェラルディンがワンダに対し「ウルトロン」のことに切り込むと画面からジェラルディンが消えエンディングに入り、ルイスはこの番組が何者かによって「検閲」を受けていることに気づきます。

5
その場合エリザベス・オルセンが当初発言していた「 6時間程度」というドラマの時間からかなり「 話数が伸びている」もしくは「 1話あたりの時間が短いもの」となったと予想されます。 『キャプテン・マーベル』から再登場となったモニカ・ランボーが外の世界へ投げ出され、物語が急展開を迎えたシーンから始まる本映像では、『マイティ・ソー』のダーシー・ルイス、『アントマン&ワスプ』のジミー・ウーが登場。