他にも「OBS」というライブ配信用のソフトでも、画面録画できます。 また配信された画面の上部にある時間が表示されるバーを長押ししてスライドさせると時間をスキップできることもあります。

18
インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 ですが、急に仕様が変わる可能性はあるので、相手に絶対にバレたくない場合は、あなたのアカウントと分からない別のアカウントで見ることをおすすめします。

ただ、配信者のみ自身のインスタライブを左上のダウンロードマークより、端末に保存することができます。

4
ローラ• 初めて使う人でも使いやすいのが「VideoProc」です。 インストールが完了したら、ウィジェットに録画ボタンが表示されます。

早送りや巻戻しも可能 アーカイブとして保存されたインスタライブは早送りや巻戻しといった機能が使えます 早送りは画面の右側、巻戻しは画面の左側をタップすると行えます。 肝心のこの再視聴機能を使用するための手順ですが、扱いとしては「 インスタライブの配信内容をストーリーの動画として投稿する」という形式を取っているため、特にかわった方法は必要ありません。

そこでこの記事では、インスタライブの保存方法について詳しく解説していきます!自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので、ぜひチェックしてみてくださいね。

動画の保存はライブ終了時で行うので、ライブ終了画面まで進みましょう。 他には、視聴者に対して挨拶として「ウェーブ」が送れます。

1
通常のIGTVを投稿するときと同じようにカバー写真の選択やタイトル、キャプションの入力をして[投稿する]をタップしましょう。 コメントした内容は配信者やほかに視聴している人全員みることができます。

コメント(ユーザーからのコメントに返信)する方法 ライブ動画の配信画面の左下にある「コメントする」をタップし、文字を打ち込んで「送信」します。

7
カメラを切り替える前に個人情報が写らないかを確認しましょう。

上にも書いた通り、 再視聴可能と言ってもあくまで「ストーリー」として投稿されているだけの状態です。

また、このライブ配信機能では、ライブ配信中しか内容を閲覧できないようになっており、ストーリーのように24時間残ることはありません。 画面録画の方法なら「インスタライブ」ではなく「インスタストーリー」として再投稿もできます。