受験関連書籍については、出版元から法改正に伴う訂正に関するお知らせのようなものが出ます。 メールアドレスの登録だけで、全70問の解説を視聴できます。

20
まずは、当然ながら、各条文・各制度等の内容を理解する必要があります。 これだけは譲れません。

それを理由に 特定の科目だけしかできなかったり、 1度も過去問演習をしないというのはダメです。 私の過去問演習について ご参考までに、社労士試験に1,500時間も投じた私は、過去問演習をすべての分野において4周以上行いました。

19
また範囲も広く時間も無くなりがちなので全科目をメリハリつけずに中途半端に学習してしまっていることもあります。 過去問は解けるようになるまでひたすら繰り返した 初回の受験同様、過去問等の問題演習は、 解けるようになるまでひたすら繰り返します。

そこで目安となるのが、 過去何年分の問題が掲載されているのか! というポイントです。

1
世界史や日本史では山川出版社の一問一答式が定番でしたよね。 私はTACの模試を2回受けました。

皆さん、こんにちは。 問題は、なぜそのように解されているのかです(労働法のテキストにおいても、詳細な理由が記載されていないことが多いです)。

14
(6)過去問と条文 (ア)過去問 さらに、当サイトでは、 平成14年度以後の過去問をほぼ網羅しています(本文の記載と全く同じ出題内容であるとか、同内容の過去問であるなどの理由によって掲載していない過去問はあります。 基本手当の体系等はです。

このコラムでは初学者向けに基本教材となるテキストと一問一答問題集を紹介した。

19
また、条文、判例等においては、いわゆる小文字(促音、拗音)の「っ・ゃ・ゅ・ょ」の表記について、誤読防止等の見地から、大文字の「つ・や・ゆ・よ」が使用されることがありますが、当サイトにおいても、条文、判例等を引用する場合は、基本的にはそのままの表記に残してあります。 もっとも、科目が進むにつれて、セクションの終わりに過去問を配置し、本文の流れの支障にならないように作成してあります(社会保険の科目では、原則として、このような過去問の配置になっています)。

模試は、予備校のものを、 最低でも1回できれば2回受けたいところです。 なお、ノートを別途作成するということではありません。 独学で合格を目指している方は、TACの「みんな欲しかった!社労士の年度別過去問題集 5年分」をおすすめさせて頂きます。

15
まず前段の問題文は、次のような事例です。