しかしこのモードでの撮影の場合常にシャッターボタンを半押し状態にしながら被写体を追っかけることになるため慣れていないとシャッターがきれたり半押し状態が解除されたりすることがあります。 キットレンズの説明書• AEロック【明るさを固定する実例】 明るさを固定する実例です。

9
(基本的には常時AEが動作している) 半押しAEロックをOFFにセットした場合 シャッターボタンを半押ししてもAEが動作している状態は変わらない。

また真ん中のOKボタンを押せばいつでもフォーカスポイントが中央に戻る。 Contents• 今までと違って、シャッターボタンを押してもピントが合わせられないことがわかると思います。 また、オートフォーカスをコンティニュアスに変更しましょう。

18
ネットワークへ接続する• 誤シャッターが少なくなる 常に半押しでピントを合わせ続けていたら、誤ってシャッターを押してしまうことはありませんか? 指が疲れているのかどうかわかりませんが、長いこと人差し指で半押し状態をキープするのは厳しいです。

レンズ側をM マニュアル にすると「置きピン」が実現できます。

5
と感じるかもしれませんが、親指AFに慣れると通常のAFには戻れないくらいピント合わせが快適になります。 そのため、ピント合わせが難しい場面。

親指AFとは シャッターボタンを半押ししてもピントを合わせなくします。 親指AFの仕組み 親指AF(おやゆびえーえふ)とは「ピントを合わせる」働きをシャッターボタンではなく、AF専用のボタンに変更することです。 それはそれで便利なんですが、写真の露出やピントを固定したいときがたまーにあります。

10
3段!でコントロール』できます。 ちなみに他社のデジタル一眼カメラでは、この機能の名称は以下のようになっています。

あらかじめ「ワンタッチシャッター」機能をオフに設定しておいてください。 こうすることで、ピントを合わせるタイミングとシャッターを切るタイミングを分けることができるので、ピント合わせが格段に楽になってシャッターチャンスを捉えやすくなります。 もし被写体が前後に動いても、その都度AFボタンを押せばピントを合わせ直すことができるので、ピント合わせで撮影が中断されることがなくなります。

測光とAEロック 中央重点平均測光は画面中央を中心に測光し、スポット測光は中央の狭い範囲を測光します。 顔認識の時も枠が出てきますよね。

つまりシャッターボタンには、「ピントを合わせる」「シャッターを切る」という2つの働きがあります。

まさにプロの仕事です。