だが、今だからこそ分かる。 レベリオ収容区でライナーと4年ぶりの再会を果たす。

15
ウォール・マリア最終奪還作戦では、超大型巨人の爆風で自身の左目を負傷しながらも鎧の巨人を撃退する援護を果たした。 とか分かったようなことを言ったりして。

そして、 巨人のいなくなった世界で、 ミカサは何を思うのか。 ループ説にも繋がる情報なので、今後の伏線回収に期待したいところです。 「アッカーマン」は父方の姓で、アッカーマン家の分家筋にあたる。

13
ということは、 「進撃の巨人の力こそが未来の記憶を継承できる」というものなのではないでしょうか?? 九つの巨人の継承者は過去の記憶を継承することがある描写が描かれていますが、未来の記憶を継承しているようなシーンは描かれていません。 その原動力となっているのは少年時代のエルヴィンがした些細な質問に答えたことが原因で教師である父が憲兵団によって暗殺された過去によるものであり、この事件をきっかけにエルヴィンは外の世界への興味を強めてゆくこととなる。

ウォール・ローゼで超大型巨人と鎧の巨人と交戦するも、敗北し重傷を負うが、間もなく戦線に復帰する。 かつて語っていた出自は嘘で、「始祖の巨人」の奪還任務のためにベルトルト、アニとともに壁外から潜入していた戦士隊の1人。 新しく編成された特別作戦班の一員となってからは人間同士の戦いに躊躇するがやがて手を汚してでも生き抜かねばならない状況に決意を固める。

超感覚で何かの異状を瞬時に察知したと。 調査兵団の勧誘式にて、調査兵団の高い死亡率を明かすエルヴィンに対し必要以上に脅しすぎだと進言する。

エレン奪還作戦後は、エルヴィンとリヴァイ達の伝達係として奔走していた。

18
ずっと 水晶のアニのところに通い詰めてるんでしょうかね。 最期はアニに立体機動装置を奪われ巨人から逃げることができず、最後まで3人に向けて対話を求めながら、巨人に捕食され死亡した。

その後、前線でマーレ軍と交戦するが、ジークの「叫び」で巨人化。

オニャンコポンは拘束がかなり不満らしく失望を隠そうともしません。 好戦主義の父親に外壁修復作戦に無理矢理参加させられたという設定。

しかし、エレンは過去に巨人を操った経験がある・・・ 「まさか! しかし、エレンの父・グリシャはクルーガーとの繋がりがあります。

14
そこに巨人が現れ、救助に駆け付けていたエレンとミカサをに託し、逃げるよう言ったが、巨人に襲われる寸前で裏腹な言葉を口にした後、エレンの目の前で喰われ、死亡する (後にその巨人はグリシャの前妻ダイナであったことが判明する)。 反マーレ義勇兵たちを信用しておらず、ジークを即刻ヒストリアに捕食させるべきと考えていた。

「すべては・・・エルディアのためだったと信じている。

15
これだけでも驚きなのですが、クルーガーのファーストネームが エレンなんですよね。

当時、分隊長だったエルヴィンに取引を持ち掛けられ、調査兵団に入団。 マーレに潜入した後のエレンの一連の言動に真意を測りかねている描写がある。

11
第104期訓練兵団を6番で卒業。 ミカサってこんな予知みたいな察知能力もあるんですか。

オルブド区住民を囮にするというエルヴィンの作戦を聞き入れ、壁に迫るロッド巨人体迎撃の指揮をとったが仕留めることはできなかった。 そこで今回、進撃の巨人の能力に考察をしていきたいと思います。 エルヴィンやリヴァイを強く信頼しており、たとえ彼らの真意を計りかねたとしても、指示に忠実に従うことを主張する。

19
巨人を倒したミカサの姿を見以来、力が無ければ何も守れないと考えるようになり、マーレ編では新兵として調査兵団に入団している。 その時、一緒に放逐された巨人の中に、あのイルゼを捕食した巨人もいます。