キャプチャーボードは、 ゲーム機の画面をPC上に映し出すための機材です。 ストレス無くゲームができるスペックはもちろんですが、 配信ソフトも同時起動が可能なものが必要です。

ただ、このままでも充分な性能ではあります。 10年程度は余裕で使える位のグレードなので、ガンガン最新のPCゲームを高グラフィックで遊んでゲーム配信をする人に向いているモデルです。

少し紛らわしいのですが、とまちがえないようにしてください。 なので画質や動作を向上させる場合は配信ソフトよりもPC周りの環境が重要です。 2PC配信のメリット・デメリット もっとも、 2PC配信をやるためにキャプチャーボードを使う人なら存在します。

棒読みちゃんや、配信画面のカスタマイズについても掲載しています。

この際プロパティで、解像度が1920x1080になっているか確認しましょう。 コメントビューアー・棒読みちゃん コメントビューアー 通称コメビュ というツールを使用する事で、視聴者のコメントを閲覧しやすくなります。 高コスパのBTOパソコンを選ぶ BTOとは「Build to Order」の略で、 BTOパソコンはオーダーメイドで組んだPCの事です。

3
それぞれ用途やおすすめのソフトについて解説します。 ゲーミングPC 一般的なPCとの違い• 重いゲームの場合は、画質を妥協しよう 配信時にPCを軽くするためには、 画質関係の設定を下げるのが基本となります。

配信を開始したら、さらに重くなります。 このAndroid版は、iPhoneなどの画面をAndroid端末で表示するためのアプリです。

-- 名無しさん 2020-12-01 21:25:52• 同端末のスピーカーからは音が出ません。 マウス ゲーミングキーボードと同じく、マウスにもゲーミング用のものがあります。

フレームレートもPCゲームのApex Legendsやフォートナイトなどを配信するなら60が望ましいですが、スマホゲームなら30でも違和感はありません。 PCゲームでは推奨スペックがストアページ、もしくは公式サイトや公式ブログの方で公開されています。

18
例えばマインクラフトの実況動画を作成するとして、バニラ(MODや影MODを導入していない状態)での実況プレイ動画を作成するだけなら高性能なゲーミングPCは要求されません。

自分が 配信したいサイトの詳細を確認をし、配信を開始しましょう。

3
OBSベースに作られているので操作面はOBSと一緒• グラフィックボードは、原則として外付けできないからです。

ゲーム配信用PCと一般的なPCとの違い解説 違い1:多くのゲームに対応ができる 一般PC ゲーミングPC 違い 対応できるゲームが少ない ほとんどのゲームに対応可能 ゲーミングPCと一般的なPCとの一番の差は 多くのゲームに対応することができるかどうかという部分ではないでしょうか。 クリエイターに最適なパソコンブランドが「DAIV」です。 無料版もある ダウンロードページ XSplitはおすすめの配信ソフトの中で唯一の有料ソフトです。

8
2PC配信という用語は聞き慣れない人が多いかもしれません。

そのため、ゲームの推奨スペックよりも高いものを選ぶ必要があります。 性能のよい、 新しいPCに買い換える 2番めについては、たとえば「」など、コスパが優秀なゲーミングPCにしましょう。 大きな特長は、(1) ある程度パーツを自分好みにカスタマイズして注文できるという点と、(2) 家電量販店でメーカー製のPCを買うより安いという点です。

高画質で重いゲームをプレイするには、CPU・GPUの性能がよくなくてはいけないからです。 マイクにも ゲーミングイヤホンやヘッドホンに付いているマイクをそのまま使う方法と、スタンドマイクなどを別で買う方法があります。