初めて乳化というものにトライして作ってみましたが、乳化もせず味も失敗っていう踏んだり蹴ったり。 わかるかな?? 「スタッ フーーーーーー!!!」と同じ、あの感じ。

15度を下回る冷蔵庫だとカチッと固くなるし、18度を超えると溶けるっていう。

いわゆる厚切りポテトって感じではありませんが、そこそこ厚みがあり、硬め。 (そこに音声を聞くというところがあるので、気になる方は聞いてみてくださいね。

9
コストコで販売されているマセズプレーントリュフは500g入りの缶が2つセットになっているので、合計1kgものトリュフチョコレートが入っています。

1口サイズでチョコレートの周りにはココアパウダーがたっぷりついています。 ・・・と思っていましたが、それが使い切れない! 溶いておいた卵を少しずつ加え、その都度よく混ぜ合わせます。

フレーバーはミルク、ミルク&ホワイト、エクストラダーク、抹茶とリンツでも人気の高いスタンダードな4種で揃えられているのも嬉しいポイントでしょう。

これを食べてわかったのが、どうやらこのトリュフソースは、料理の味付けとして使うものではなく、完成された料理にひと足しして風味付けにするのが良いのでは?ということです。 ココアでしっかりコーティングされていて、甘さ控えめで、くちどけがとっても滑らかな美味しいトリュフチョコです。

1
味は・・・・ なんだかな、このままだとちょっとボヤッとした感じです。 バニラアイス 100g• パセリを振りかけて出来上がり。

「15度から17度で保管してね」的な注意書きが書いてありますが、保存の条件がシビアです。

14
次の記事>>> 今月コストコで買ったものリスト【随時更新】. こちらも、トリュフオイルの香りが野菜を食べるたびにふわっと鼻から抜けて、とても美味しいドレッシングになります。 ココアパウダーの苦みやチョコレートの甘みが後味に残るので、飲み物があるとスッキリします。

ブラックトリュフソースはマヨネーズとも高相性なので、たまごサラダに混ぜてもバッチリでした! マイルドなたまごサラダにコクが加わって、アクセントになります。 半分にカットしてみました。

8
丸いチョコレートの内側に、ソフトなチョコレートが詰まった二層構造になっており、滑らかな口当たりに仕上がっています。 マセズトリュフは少しレンジにかけ、トロトロの状態にしておきます。