エギングロッドやメバリングロッドを代用可能? POINT わざわざ「チニング専用ロッド」を買う必要はない 最近は「チニング専用ロッド」をリリースしているメーカーも増えてきていますし、ガチでチニングを楽しみたい!そんな人は専用ロッドを揃えておくほうが何かと捗りますが、 「軽くチニングを楽しんでみたい・・・」このように、緩くチニングを楽しみたい人が無理にチニング専用ロッドを買う必要性はないんじゃないかな?とは思っています。 若干細めのPEラインをメインに使うことになると思いますので、スプールは100m以上のラインキャパのあるシャロースプールの方が下巻も不要で使い勝手がいいでしょう。

7
ベイトフィネスもおすすめ バスフィッシングや最近ではソルト専用のベイトフィネスが出てきている。 基本的には、 ただ巻きでよいです。

しばらくすると、底に着くので、少し浮かせて、再度ただ巻きを行います。 そのため、ボトムのズル引きでチニングを楽しむときは、専用に発売されている 「ボトムズル引きに特化した専用アイテム(ジグヘッド)」に、チニング用ワームを付けた仕掛けがおすすめです。 それぞれがどんなルアーかご紹介していきますね。

10
ルアーの移動距離を最小限に抑え、細かくアクションすることがコツです。 ボトムずる引きはデイゲームだとどうしても見切られやすくなってしまうため、基本的には「ナイトゲーム」で使う戦略だと考えておくのが無難で、できる限り「根の少ない場所」で実践するようにして下さい。

それでは、今年も冬の堤防にチヌの雨を降らせましょう。 毎回必ず着底させてからグリグリグリっと巻くのがコツ。 そのため 根掛かり対策が万全なワームの仕掛けでないと、毎投根掛かりしてしまって釣りにならないケースがほとんどです。

8
フックはチヌ針でもバス用のオフセットでもワームに合わせて使用すれば良い。

ボトムゲームと岸壁黒鯛ゲームにおける堤防のポイントは、次のとおりです。

8
(かなり長くなるので、「長文なんて読んでられない」そんな人は、目次から知りたい情報へジャンプし、読み進めて貰えればと思います)• ラバージグを利用したチニングではズル引きを基本として誘います。

メインラインとリーダーの結束!• ただ、遊んでくれるので文句はいえませんよね。

7
チニングを楽しむのに高性能なリールは必要? POINT そこまで高性能なリールは必要なし! 大前提として書いておきますが、 「予算に余裕のある人は高性能リールを使ったほうが良い」と考えておいたほうが良いですね。

ラインは私たち釣り人と魚を繋いでくれる唯一の存在ですからね、ストイックに使うラインについて考え、然るべきラインを使っていきましょう。 感度が高く、フッキング率も上がる• そして、ギアは「ハイギア」「ノーマルギア」「ローギア」、この3つに分かれていることが多く(ローギアのラインナップがあるリールは限られています)、リールを買うときは「一体どのギアを選べばいいんだよ・・・」と頭を悩ます人も多いとは思いますが、極端な話をすると 【ハイギアでもローギアでも問題なく釣りを楽しむことができる】ので、そこまで深く考える必要性はないんじゃないかな?とは思っています。

4
スポンサーリンク 【チニング】ラバージグ&ワームでの釣り方のコツ チニングにおけるラバージグ&ワームでの釣り方のコツについてご紹介します。

長さは7ft〜8ftクラスのレングスで、ティップ(穂先)が柔らかく、バットがしっかりしているロッドがチニングには適していますので、ガッチガチのロッドよりは、比較的ライト寄りなロッドをセレクトするのが良いですね。 トップウォーターゲーム• トップウォータープラグは海面付近のクロダイや浅瀬のクロダイを狙ったハードルアー。

15
代用する場合は、バスロッドかエギングロッドが一番良いと思います。

竿先を1~2回シャクって、エビやザリガニが逃げるように跳ねさせて、チヌを誘います。

2
こんな感じでオッケーです。 主に3. ボトムゲーム まず、仕掛けをキャストします。

サイズは7cmぐらいを基準に選んでみてください。 もちろんPEでなくてもチニングはナイロンでも釣れます。

8号を使います。