リメイクに必要な道具も確認してチャレンジしましょう。

17
滑らかにしたリンゴジャムを混ぜる。

こちらも100円ショップにあります。 どんな色が好きなのか、どんなフレーバーが好きなのか。

16
水の割合や混ぜるタイミングに気をつけないとかたまらなくなるので注意します。

その写真を見ると、どれも本当に宝石みたいでキラキラしててかわいい! お雛様に飾りたいなーと思い、作ってみました。 どれがいちばん簡単? それでは寒天のなかでどれが簡単にできるのでしょうか? なんといっても、 簡単で手間いらずは粉寒天です。 せっかく手土産を持っていくのなら気持ちよく受け取ってほしいものです。

9
ほぼ、濾せてない。 ジャムをあらかじめ少量のお湯でよく溶かしておきます。

水にも溶けやすく料理やお菓子にも使いやすいです。 琥珀糖は使う材料によって仕上がりも変化します。

18
琥珀糖を乾かす場所冬場はヒーターやエアコンの近く 夏場は扇風機などの近く ということで、私はリビングのエアコンの近くに置きましたが、琥珀糖の上にひらりとクッキングシートをかぶせておきました。

こうした一工夫をして、インスタ映えな琥珀糖を作ってみてはいかがでしょうか? まとめ. Q:そもそも「琥珀糖」とはどういったお菓子なのでしょうか。 そのときは、 風通しをよくして、できれば温度もあまり高くないほうがいいですね。 砂糖が極端に少なかったり、寒天液を混ぜすぎると濁ってしまいます。

冷やし固めた琥珀糖の切り分け方は包丁で切り目を入れて裂いたり、ランダムに割っても良いでしょう。

水 200cc• それは 先に寒天を きれいに透明になるまで溶かしてから砂糖をいれないといけないということです。

7
寒天が海藻を原材料しているのに対し、ゼラチンは動物の骨や皮に含まれるコラーゲンからできています。 切り分けてクッキングシートに並べる。

キラキラと輝くお菓子は見ているだけでも心をわくわくさせてくれます。 Sponsored Link 最近、インスタ映えを狙った商品やインスタ映えしそうなものを自分で作る方が増えています。

9
手でちぎるとキラキラの宝石のようになるらしいのですが、かなりベタベタしているのでちょっと無理でした。 例えば、• きれいな正方形やスティック状の琥珀糖もきれいです。

また、琥珀糖を乾かすときにフードドライヤーを使うと一晩で作れます。 中火で、溶かしながら混ぜる(約20分)。 まず糸寒天5グラムを繊維を崩さないために、柔らかくする為に半日位水に浸しておきます• SNSなどでは「食べる宝石」と呼ばれる大人気のお菓子となりました。

19
後編では琥珀糖の魅力や楽しみ方などについて伺います。

レモンや柑橘系のジュースを入れるときは注意が必要なのです。 琥珀糖がにごった色になる 寒天はもともと白濁色で、砂糖を加えることで透明になります。 (マーブルも同様に、慎重に混ぜます。

16
糸が引くくらいとは、スプーンや箸ですくってみると少しづつ、したたり落ちる感じがおそくなったり、鍋のまわりをこすると本当にクモの糸みたいにくっついてくる感じです。 グラニュー糖 純度が高く、細かい粒子状の結晶。