この道筋は曲がりくねっていてその長さのある部分では重力に逆らうことになるので、 毒素を追い出す作業では何か他の力が働かねばならない。 E Elimination : 排泄(4つの排泄経路) 毒素排泄健康法 CARE のうち、われわれの健康状態にもっとも大きな影響をもつのが毒素の排泄で ある。 味がよく大した支障もなく食事に付加できる(パンの中に全粒粉を練り込むまたは シリアルのなかでブランを含むものを食べる)腸内拡張性物質があって、それが比較的安い というこの魅力的な事実のおかげで、人類は、現在市場に出ている薬物、下剤、様々な 種類の緩下剤から離れることができる。

10
」 「食事では、揚げ物とあらゆる形態の(特にソーセージ等の)豚肉を遠ざけなさい。 ひまし油の入ったボトルを部屋に置いておくだけでリラックスできる、という感想をお持ちの方もいらっしゃいます。

傷口や肌荒れなどに薄く塗って頂くとその効果を実感できます。

12
この装置は、脳卒中で受けた神経システムの損傷を体が癒すことを助け、機能の改善を援助することができるとエドガー・ケイシーは述べています。 エドガー・ケイシー流首の体操で視力回復。

植物の生命エネルギーを写すことのできるキルリアン写真で見ると一目瞭然。 なども乾癬を軽減するのに役立つ。 彼がセールスマンだった若い頃、声が出なくなってしまい、医者が解決できずにいたとき、 友人に頼んで催眠状態に入ったケイシーは、自らを診断し、 薬物療法と摩擦療法をすすめ声を取り戻しました。

世界三大美女の中の1人、クレオパトラも、こちらの「キャスターオイル(ひまし油)」を愛用していたと、伝えられています。 湿布を当てる場所は、他に特に指示がなければ、右脇腹、肋骨の下側あたりです。

これらの指示に 20~30日間従ったら、さらに指示がなされるだろう。 脊髄の矯正とマッサージ 神経システムの問題を治し、消化と排泄を改善するために、ケイシーはしばしば脊髄の矯正を提案しました。

5
このような意味合いも含め、ひまし油湿布には様々な種類の効能があることを念頭に置きつつ、ひまし油湿布を是非試してみてください。 特に高血圧症(高い血圧)は排泄の悪化、特に大腸での問題にしばしば関係していました。

病気がない場合は、食事を中心に日常生活の改善を行い、様子をみてどうしても効果が あがらない場合に下剤を利用します。 脳卒中として索引を付けられた80のリーディングで、エドガー・ケイシーは脳卒中あるいはその後遺症の原因となったり、影響を与えたりする様々な全身の要素を挙げています。 できる範囲でがんばります。

しかも、通常、ひまし油が、持っている独特の香り、そして、色を消すために行われているという、精製過程を経ることもなく、製造されているという、貴重で高品質な「ひまし油」なのです。

この中に肉やその種のものは一切入れてはならない。 したがってより大量の酵素より大量のホルモンを血液供給のために作り出してくれるものを大量に消費して体を生き返らせる必要がある。

8
推奨されたビタミンは、Cと結合したビタミンA、B複合体およびビタミンEの治療量です。 約1年で白髪がほとんど黒髪に戻っています。

よかったらミュージカル『十戒』のテーマソングを聴いて、記憶に刻んで下さいませ。 体には優しい刺激ではあるがいつまでも余韻が残っているような、少しずつ心身が回復していくような不思議な感じがあり、体が喜ぶのをいつも実感します。 Circulation(循環)血液・リンパ液からなる体液の循環のこと• 運動 適度な毎日の運動が勧められています。

紀元前という古い昔から、様々な分野で、長年人々から愛用されて、信頼されているオイルです。 あえていうなら、ひまし油で行う湿布には人間が本来誰でも持っている「内なる癒しの力」を引き出してくれる不思議な働きがあるようです。

ただし、ケイシー療法で使用するよう勧められているのは、そんな古来からの伝統に基づいた製法によるひまし油。 ひまし油パック、スキンケア、ヘアケア、ネイルケア、クレンジングなど、様々な用途でお使いいただくことができます。

エドガーケイシーの理論においては、ひまし油湿布は、「毒素の排出」を行うための手段です。 自宅で続けられる、気持ちの良い自然療法ケアとして、まずはひまし油湿布セラピーで体験してみて下さい。