だがそれは、のび助がのび太を撮るために買ったばかりのカメラ(病院に行く直前に買っていた)を川に落としてしまい、撮る機会を逃してしまったからである。 「のび太のブリキの迷宮」ではロボットに不信を抱くサピオから「ロボットなのに友達? 北海道のおばさんと同一人物であるとの説がある が、北海道のおばさんが玉子の姉妹とされているもの もありはっきりしない。

16
人権学もそうである。

ヤドリの親玉が憑依した巨大にわざと掴みあげられ、ヤドリがゴーレムから飛び出して襲いかかってくる瞬間を早撃ちで倒したこともあった。

16
何か困ったことに出くわすと、大抵は「ドラえも〜ん! 一部の話では地震もかなり苦手であったが ドラえもんの道具によって震度7でも平然としていられる程の耐性を身に付けている。

その一方で、意外に聡明な一面を見せることも希にある。 そのため今回は、ジェンダー法学の観点から「のび太さんのエッチ問題」について少し検討をしてみようと思う。 14巻収録「ホラふき御先祖」• 特にジャイアンやスネ夫などにいじめられた場合、親はもちろん先生に泣きつくことは皆無。

あは」 しずか「あ、今日初めてのび太さんが笑ってるとこ見た」 のび太「あ、そうだっけ、あはは」 しずか「もっともっと笑いましょ!」 のび太「わははははは……こ、こうかなー」 しずか「あはは、なにそれおっかしー」 のび太「……」 しずか「あ、えと、その、いい意味で!」 汗 のび太「あはは」 のび太の部屋 のび太「ボクが散らかしたのに、片付け手伝わせちゃって、ごめん」 ドラ「ううん、気にしないで」 のび太「そういえば、あの変なロボは?」 ドラ「イライラ掃除機とイライラスカウターを回収して未来に帰ったよ」 のび太「そっか」 ドラ「一応、君は会社を訴えることもできるけど、どうする?」 のび太「ドラえもんの話だと、正しい使い方を守ってないと裁判には勝てないんだろ?ムダムダ」 ドラ「お、君もたまには学習するんだね」 のび太「それになんか、めんどくさいしね」 ドラ「うん。 このため玉子は「怪しい二人組が指輪を持ち去った(ドラえもんとのび太だが気づいていない)」と思い込み、最後までガラス玉であることは気づかなかった。

また、何らかの理由で視力が回復しており眼鏡はかけていない(本人も「なおったのは近眼だけ」と発言している)。 34巻収録「水たまりのピラルク」• 電話機も長らくだった。 日本国有鉄道は1987年4月1日に民営化されたため、テレビアニメ第2作第2期では「消費税が上がった」としている。

太めで少し低身長。

原作で、好物であるという描写のある食べ物• 例外としてしずかの家の前などと明確な場所を示せば風呂場にたどり着くことはない。 曾孫(ひまご) セワシの父で、ノビスケの孫。 その他劇場版等のゲストキャラでも「のび太」「のび太くん」や全く別のよび方をする者がいる(例えば南海大冒険ではジャックに「ノビー」とよばれる)。

小さなイタズラはともかく、暴力的かつ理不尽な言動はやろうと思ってもできず、ドラえもんから「きみが悪者になろうなんて思うのが無理なんだよ」と親しみを込めて言われたこともある。 ただし、偶然犬の尻尾を踏んで犬に追い掛け回されたり噛み付かれたりすることが少なくなく、その対処に時間を費やしてまともに登校できないことも多い。

性格 [ ] 長所 [ ] 明るい性格でゆとりがあり、温厚で優しく、他人を深く思いやる心を持っている。

10
のび太郎との統合 [ ] スピンオフ作品『』のエピソードを単行本では、のび太郎をのび太に差し替えて統合したために「カナヅチなのに泳げる」 「自室にベッドがある」 といった矛盾点が生じている。 39巻収録「具象化鏡」では65点。