同じ作者の別の作品は?ということで探したところ、『走馬灯株式会社』を見つけました。 男に関してイケメンにしか興味がなく、海の家の従業員の青年に明日の夜に一緒に遊ぼうとナンパされた際に、彼氏と合流すると嘘を吐く。 ひなのの母親は既に女に拉致され、2人がひなのの母親に連絡した際に応対したのはこの女である。

家族を失い、職も失ってしまった杉浦の人生は、まさに下り坂と言えるでしょう。

DVDは名前で分類されており、旧姓や偽名の場合はその名前で過ごした期間ごとにDVDに収められる。

7
走馬灯株式会社で自分の人生の映像を観て亡き父との思い出に浸り、続いて志村俊一の人生の映像を観ようとするが、神沼が視聴室に持ってきたディスクは1本 1年分 しかなく、ディスクの映像から志村が偽名を使った結婚詐欺師であることを知る。

自分が継父を殺した過去を千晴に知られた要山は激昂して千晴を殴打する。

17
笠木は15年前の転落の原因を理解していなかったが、映像には長澤が笠木を突き落とす瞬間が映っていた。

女はひなのを奪うため2人を殺そうするが、実咲の拳で前歯を折られ、警察の押収品から持ち出した拳銃を実咲に向けるが、つかさが乗るバイクに体当たりされ意識を失う。 小学校時代の同窓会に参加するため、秘書の田丸を連れて一緒に会場に現れる。

12
都(25)という双子の妹がいるが、中学校時代の姉妹喧嘩から都に火傷を負わせてしまい、都の顔には大きな痣が残っている。

ピッコマで知ることになったのですが、菅原敬太さんの2作品をご紹介します。 事務所社長の水谷から10年ぶりの映画出演のオファーを受けたが、撮影現場に行くとエキストラとしてゾンビを演じることに落胆する。

ある人物が映し出されました。

私澄川さんのことずっと好きだったから。

今回出てきた杉浦という男は、現状の自分に絶望し、無気力な状態でした。 こちらへ来館された方々は皆この上ない満足感を得て帰って行かれますよ。