これでほとんどの相手に 上から特殊技で叩き潰せるようになります。 キョダイマックスカビゴン・ゲンガー・カイリキーが出やすくなっているので今のうちに捕まえておきましょう。

19
例えば、本文に「ライバルが少ない今」とありますが、じゃあそのライバルがいなくなったことでどんなポケモンに強いのか、どんなポケモンを倒せるのか、などそういった情報が必要です。

さらに、特性 「ビーストブースト」や「わるだくみ」によって能力上昇をさせやすく、一度能力上昇をできると止められにくいため、全抜きを狙うことも可能です。

18
ゲンガーのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 修正をしておきます。

育成論ありがとうございました。

15
ページ:• 性格補正努力値252で実数値277と、Sを1段階上げるだけでは追いつけないポケモンも非常に多いため、自由に動きやすいポケモンです。 素早さに補正をかけなくても、「かそく」で素早さが1段階上がれば素早さの実数値が198になり、多くのポケモンの先手を取れるようになります。

エースバーンとの対面では「ダイドラグーン」からはいることで、相手の「ダイジェット」を2回受けることができるようになり、対面であれば突破することが可能です。 ゲンガーの基本形ではありますが、現在ゲンガーの基本型の育成論が存在しないので十分育成論として成立していると思います。

以上が気になりました。 「まもる」で素早さを上げつつ味方に引き継げる。

5倍に上昇します タスキ潰しも出来るのでかなり優秀です。

16
おすすめの技 ゲンガー(キョダイマックス)のおすすめの技を紹介します。

アシレーヌ ヘドロウェーブ以外の技から入ることでげきりゅうの圏外にすることでねっとう+アクジェを耐えることができます。 マジカルシャイン 気合玉の命中が気になる人は、悪タイプへの打点としてマジカルシャインを選択するのも良いでしょう。

3
非常にピンポイントではありますが、特定の相手に4倍弱点を取れる「フリーズドライ」も環境によっては採用候補に入ってきます。 S109族アローラキュウコン• 投稿者:のののふじ• 反面、特攻は100と 特殊アタッカーの割に高くなく、一致技も むしのさざめきが最高火力となるなど火力不足に悩まされることも多いでしょう。

サンダーの種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 90 90 85 125 90 100 580 サンダーのタイプ相性 4倍 なし 2倍 0. ではまた次回もよろしくお願いします。 コメント 6 最終51位 いいね! 素のSが高く努力値配分の自由度は割と高いため、想定する相手によっては耐久に振って調整するのもいいでしょう。

6
努力値:B4 C252 S252• 特性はのろわれボディ! 6世代までは『ふゆう』の特性を持っていましたが、仕様変更により現在のゲンガーは『のろわれボディ』の特性のみとなっています。 (ニンフィアはヘドロウェーブで確定1発で落とせない上にほぼ 電光石火持ちなので不利対面です…) ドリュウズは一応シャドーボール2発で落とせますが初手岩石封じをもらうと逆に落とされます。

ゲンガーより早く行動できるポケモンを採用する ゲンガーの素早さの種族値は110と早い部類にはなりますが、これより高いポケモンも少なくはありません。 今回は途中参戦。 ゲンガー自体もマリルリやアシレ、悪ウーラオス等の環境上位に対して強く出られる点もあり、こごえるかぜ採用してもメタ抜きに強いと思います。

6
さらに、メインウェポンの むしのさざめきベースのダイワームなら他の大技並みに威力が出るので、ダイマックス中なら技威力の不足も解決。 での最後のコメントは「現状の内容なら」という意味でした。