(2018年12月末) 外部リンク ルネサス エレクトロニクス株式会社 : Renesas Electronics Corporation は、に本社を置く大手メーカー。 半導体製造委託:旧 日立セミコンダクタ• 2005年10月26日 - 経営不振の責任をとり、戸坂社長が辞任。 その後、近年では自動車向け車載マイコンや、デジタル家電向けLSI等を主力とし、や等のゲーム機用LSIも生産していた。

20
再開までの間は代替生産などに着手したが、供給ベースで震災前の水準に戻るのは9月までかかると見通していた。

2018年• 半導体部門の中でも特に市場変化の激しい汎用DRAM事業はとして先に分社化していたが、それでも巨額な半導体設備に対して、NECとして今後更に機動的に運営・投資をしていく事は不可能と判断し、分社化して単独での資金調達を行う方針とした。

2
これは、SQ値に絡むヘッジファンドの売買や裁定取引等が原因と言われています。 では直近チャートを見て、具体的な投資判断を考えてみます。

また、配当金や株主優待、直近の売上状況などはどのようになっているのでしょうか。 サンケン電気もまた大手半導体メーカーのひとつ。 自己資本比率は38. 仮に上記指針に沿って2013年10月 430円 に800株を購入して、天井から下落した2014年12月頃 600円 に売却すると、 34万円の投資に対して利益が13万円になり、利益率が38%に達しました。

業績が赤字の時期では株価の下落が続きましたが、 下落トレンド帯が支持として機能しており、さらに年末で株価が一旦は止まり、再上昇する傾向が続きました。

を使うと、利益が安定するので、銘柄選びにも注意しましょう。

16
目標株価の引き上げがみられる12月決算銘柄は 10月下旬からスタートした12月決算企業の第3四半期決算発表も先月中旬に終わりとなりましたが、それから3週間以上が経過したことからアナリストによる業績や目標株価の見直しもある程度進んだとみられます。 に変更して、運営開始。

社名の『Renesas』は、あらゆるシステムに組み込まれることで世の中の先進化を実現していく真の半導体のメーカー(「Renaissance Semiconductor for Advanced Solutions」)を標榜して名付けられた。 ルネサスエレクトロニクス・ジェイデバイス、2013年1月30日• これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 12月、懸案となっていた財務基盤の抜本的強化について、・・など9社を割当先とする総額1500億円の第三者割当増資を行うことを発表した。

製品・部品供給先の大手製造業を中心に影響が広がった。

特にSQ週の水曜日は株価が大きく下がる事があり、「魔の水曜日」と呼ばれることもあります。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。

19
2016年4月30日閲覧。

2012年• 2017年2月25日• しかし、そこから公的機関はもとよりトヨタや日産などの主要取引先の出資を受けてここまで再建してきたという経緯があります。

同年10月には合理化資金として大株主3社と取引銀行から計970億円を調達した。 [ ]• 10月31日 - ルネサス セミコンダクタ パッケージ&テストソリューションズを吸収合併。