どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 」「体調に気をつけて、素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください」といったように使われます。

8
体調にはお気をつけください• 또, 퇴직이나 전직하는 사람과 헤어질 때 인사말로 사용하는 경우도 많다. 裏山の土砂崩れが心配だから明るいうちに避難所へ行ってね。 くれぐれもよろしくお伝えください。

ただいま気象庁からそちらの地域で大雨特別警報が発令されたようです。

7
・季節の変わり目は体調を崩しやすくなりますので、くれぐれもご自愛下さい。 (約束の時間にはくれぐれも遅れないようにね。

より丁寧に表現するなら「くれぐれもご自愛くださいませ」と文末に「ませ」をつけるとよいでしょう。 韓国語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• これからも、皆様のますますのご躍進をひとえにお祈りいたしております。

8
」 「お気遣いの言葉心から感謝申し上げます。 「是非(ぜひ)」、「何卒(なにとぞ)」、「願わくば」などがあります。

くれぐれもお体ご自愛ください。

8
・願わくは、このふざけた話が夢でありますように。 「体」와「身体」의 차이 「体」는 육체를 가르키는 표현이고「身体」는 마음을 포함한 몸 전체의 가르킨다. 高所の作業など気をつけく準備をしてください。

よく使われるシーンこそあるものの、相手が実際に体調を崩しているような状況でなければ使えるタイミングも問わない、とても使い勝手のよい言葉です。 Please make sure that children will not swallow it by accident. しかしあまり念押しをしすぎると、くどくなってしまうこともありますので注意しましょう。 お元気にお過ごしください 口頭で使える類語 口頭で「体に気をつけて欲しい」旨を伝える場合は、退院したばかりの人や、ご年配の方を気遣う意味でお声を掛ける際にも使う事ができます。

5
今では手紙の結びで「ご自愛ください」という定型句として用いられることから、相手がどんな人でも使える表現とされています。 お体に気をつけての意味 日本語には、相手の体調や健康を気づかう表現が数多くあります。

〇〇様もお体に気をつけてお過ごしください。 それぞれの言い回しを少しずつ変えていくだけで、相手への特別な返事や返信ができるようになるのです。 「お体に気をつけて」の意味は? 「お体に気をつけて」は相手の体調を気遣う言葉 「お体に気をつけて」は、相手の体調を気遣う言葉です。

相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。