私の父は私が結婚した後に再婚しています。 再婚した相手と死別ではなく離婚した場合は、 元夫の遺族年金をもう一度貰うという事はできませんので、注意が必要です。

ただし、この状態になった妻を救済する仕組みも用意されております。 この場合の受給資格者 この場合に受け取ることが出来るのは《子》のみです。

この場合、氏名変更届が必要となります。 遺族厚生年金 遺族厚生年金は、主に会社員や公務員など、厚生年金加入者が死亡した時に遺族に支給される年金です。 息子が亡くなりました(40歳)。

9
また、遺族年金は申請しなければ受給できませんので「」を参照いただき速やかに手続きを行いましょう。

おおざっぱな簡単な推測はあてになりません。 そしてそのベースになるのが、やはりお金です。 あるカップルは、女性がもらっている遺族年金だけで2人の生活を賄っていました。

17
)58条1項は、『遺族厚生年金は,被保険者又は被保険者であった者(以下「被保険者等」という。 ですので、再婚すれば貰える遺族年金が子供に入ってくる年金は遺族厚生年金の方だけとなり、全体額としては減少するでしょう。

しかし、夫と後妻と子供が同一生計を営んでいれば、「被保険者(死亡した夫)の子供と生計を同じくする配偶者」という遺族基礎年金の受給要件を満たすため、 後妻に遺族年金の受給資格が発生します。 遺族基礎年金を受給できる対象者として《子または子のある配偶者》です。 1 弁護士回答• 現在再婚を考えている男性です。

13
養育費は、元旦那が、難病になり、寝たきりになるまでは貰ってましたが、寝たきりになって4年くらいは貰ってないです。

1 弁護士回答• 子供が18歳を過ぎたらば遺族厚生年金のみの受給が可能です。 1 弁護士回答• 本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。

9
個別のご不明点は、ご自身にて年金事務所等でご相談ください。

正しくは、 「請求できるが、もらえるかどうかは日本年金機構の審査によります。 上記でも触れましたが、再婚した母と子どもが生計を同じくする場合、つまり、新しい父とも同居して母と生活する場合は遺族基礎年金は受け取ることができず、遺族厚生年金のみを受け取ることになります。 現在、夫の扶養に入れてもらっています。

14
一方、支給対象となる子がいるときには複雑になることがあります。

配偶者加給年金とは、年金版の扶養家族手当です。

15
Q 私は再婚して妻と二人の子がいます。 厚生年金の受給について、どうぞご教示をよろしくお願い致します。