シタコ・エーテル 声 - オークションに参加した宇宙料理評論家。

7
穏やかな口調の丁寧語で喋る。 AIによって教育や知識面のサポートが行われるため、学校という概念がない。

ドラムスが臣下に調べさせたところによると「ブルーキャットの目的は惑星レインボーの宝のみで、他の盗品は恵まれない人々に分け与えているである」と真実を突き止めている。 この能力により大騒動を起こしたためプルンスに「面倒な能力を身に付けた」と呆れられ、またワープの巻き添えを喰らったひかるからも「ワープ禁止!」と咎められてしまう。 えれなは通訳、まどかは宇宙開発捜査官として活躍。

7
また執拗にするきらいもあり、相手に引かれる場合もしばしば。 自分のやりたいことを投げ打ち、家事に全てを費やすえれなが普段から本当の笑顔を見せてくれないことを内心不満に感じており、後にこの感情をテンジョウによって利用され、ノットレイ化してしまう。

口癖は「! 」「いいねぇ!」。 いて座 声 - 伊藤美紀 のスタープリンセス。

9
姫ノ城家21代目当主。

しかし、候補者として活動する中でまどかの行動を手本として強く意識するあまり、かえってひかる自身のを発揮し辛くなる。 そして、広い世界には多種多様な価値観があることを知り、違いを楽しみながら、自ら星のように輝くプリキュアたちの姿を描いていきます」とコメントした。 以後へびつかい座のいなくなったプリンセスたちはあらゆる生命体にイマジネーションを授け、現在に至る。

10
変身開始時は光の衣姿となるが、メンバーごとに形状は異なり、変身前の私服に準拠したものになる。 名家の令嬢で父・冬貴は政府高官、母・満佳は著名な。

やがて、トゥインクルイマジネーションの力を探し求めるうちに辿り着いたウラナイン星でアイワーンと戦闘になり、その過程で自身がアイワーンと同じく復讐に囚われるあまり周囲が見えなくなり、相手を傷つけていたことに気付く。

略称は「 スタプリ」。

プリンセスたちはブルーキャットに力強い言葉を掛け、彼女もそれを聞き故郷を必ず復興させると決意する。 そんな経緯により3人にもトゥインクルイマジネーションが誕生し、これを機に5人はノットレイダーのアジトに乗り込むことを決める。

5
交換できないから父の威厳は保てないけど。

一方で融通がなくひかるたちがロケットに飾りやファンシーなデザインを考案していた際「不必要ですし、作業が遅れます」と苦言を呈するが、ララから「みんなが楽しくなるようなステキなロケットにしたい!」と反論される(ララの項目も参照)。 2k件のビュー 34件のコメント• 一方でプリキュアの正体の秘匿に関しては、プリキュアという立場以上に異星人であるララ・ユニ・フワ・プルンスの正体の秘匿に重きが成されている。 その直後、先ほどの攻撃で損傷したロケットは制御不能となりそのまま落下、観星町に不時着する。

10
さらにノリも軽く、ひかるから「ララたちを黙認して!」とのお願いに二つ返事で了承している。

こうしてスター、ミルキー、ソレイユ、セレーネ、コスモの5人はダークネストを倒しノットレイダーを壊滅させスターパレスをはじめとした宇宙に平和をもたらすことができたが、変身能力の喪失とひかる・えれな・まどかとララ・ユニ・妖精たちとの別離という大きな代償を負うことになった。 厳格な性格。 瞳の色は紫。

制服はの襟がついた白いセーラーブラウスに水色のスカート白いソックスとのを着用し、星飾りがついたピンクのタイをつけている。 ララと違って地球の言葉を最初から理解できる。

プリキュアたちによって元の姿に戻るとともに、鼻のとれたユキオを見てようやく笑みを見せるが、それにとどまらず笑い転げてしまう。 AIが前述したムードメーカーさを垣間見せており、悩みに苛まれていたララとまどかを気分転換させ悩みを打破させている(詳細はララとまどかの項目を参照)。

12
本来は無いが、後述の映画で演じたをまとった()に因み「 羽衣」姓を名乗るようになる。