333• スピン系のゴルフボールおすすめ5選• 2.ゴルフボールの基礎知識 次に、ゴルフボールを選ぶ時の基本知識をおさえていきましょう。

5
ゴルフボールの特徴 ゴルフボールの特徴は大きく2つにわけられます。

1選手はTOUR B XSを使用。

半面、ミスすればそのミスがボールに反映されるので、ボールをコントロールできる中上級者向けのボールと言えます。

特許技術「BOOST POWER TECHNOLOGY」を搭載、コアだけでなくボール全体が「内軟外硬」設計でパワーを飛距離に変える。 ツアープロ使用率も上昇中。 品質が心配な方にも安心して購入してもらえるように、ロストボールの状態によってランク付けされています。

5
プロが必ず行なっているボールフィッティングのポイントを解説します、『2018年はこれがいい!』と思えるボールを見つけてベストショットを目指しましょう! 目次• アプローチは、意図していないのにロブショットを打っているかのようにボールが上がります。

技術や品質はそのままに低価格で提供するスネルボールはこれまでの ProV1の上位互換。 特性からボールを選ぼう! ゴルフボールは、ディスタンス系とスピン系の2種類にわけて販売されています。 初心者〜上級者の人 飛距離とスピン両方の性能を持ちます。

20
ボールの性能を利用して遠くまで飛ばすことができる、というわけです。 ディスタンス系• 市販のヘッドスピード測定器を購入すれば、自宅などでも測定ができて便利です。

コストパフォーマンス最高のディスタンス系の定番• 選び方のまとめ ゴルフボールの選び方は、まずは3種類(ディスタンス系・スピン系・第3系)の中からあなたのプレースタイルに合わせて種類を選びましょう。 飛距離も欲しいけど、グリーンでスピンもかけたいなんて欲張りな方は第3のボールがよいでしょう。 コアとカバーの関係 コアとカバーの組み合わせにより、その特性が左右されるのがゴルフボールです。

16
TOURSTAGE エクストラディスタンス 1ダース 12個入り ホワイト• 飛距離を追求するためには、スピンを減らす方向に調整する場合が多いので、それほど層を多くしなくても目指す飛距離性能が発揮できるからです。 超高反発コアで非力な女性でも遠くに飛ばせる• 普通の数の目安としては 300〜400個ほどが多いです。

ディスタンス系• アベレージゴルファーなら数ホールでカバーが痛んでくる感じ。 ゴルフボールに求める性能を考慮しつつ、価格も比較しながら購入すると良いでしょう。 アイアンは、同じく適度にソフトな打感で直進性の高い弾道。

最近は何色もカラーバリエーションが出ているタイプもありますが、芝の状態や天候、同伴者の使用球などで、白系と色付きのものをそろえておけばいいのではないでしょうか。

お悩みのスコア100切りまであと一歩!という方には「ブリヂストン TOUR B JGR」がおすすめです。

5
ボール一つで、こんなにも違いがあるのかと驚きました。