旧ソ連は1976年に170.1グラム分の試料を採取していた。 これが成功すれば、中国は米国と旧ソ連に続いて、月面の試料採取に成功した3カ国目の国となる。

さらに同氏は中国のミッションは「政治のレベルを超えて、宇宙開発を進める必要があることを思い出させてもくれた」と付け加えた。 また今回の 、科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学などにおけるアメリカの優位性が揺るぎつつあることをも示している。

宇宙開発をめぐっても米中の覇権争いが激しくなりそうです。 帰還機は上昇機を切り離して地球に向かい、中国の内モンゴル自治区に着地する予定。

3
まとめ 今回は「中国無人探査機が月の土壌採取成功の動画!」というテーマでお送りしました。

の無人探査機「嫦娥4号(じょうが4号)」は世界で初めて、月の裏側に着陸した。 米国はアポロ計画時代の1969年から1972年に382キログラムの月の石を採取した。 今回の嫦娥5号は、着陸した探査機周辺の土壌などをロボットアームなどを使って採取。

7
帰還機は上昇機を切り離して地球に向かい、中国の内モンゴル自治区に着地する予定。

だが着陸地点はどこでも良かったわけではない。

10
嫦娥5号は、1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)に月への着陸に成功。

中国は去年、地球との通信が難しいとされる月の裏側への探査機の着陸を世界で初めて成功させるなど、月の探査計画を宇宙開発の重要な柱としています。

9
中国は月面探査を強化しており、昨年は嫦娥4号が世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功した。 ケリー氏は極めて愛国的な宇宙飛行士として知られ、。

外部サイト. 今月中旬に地球に戻る。

20
月面での試料の採取は1970年代以降で初めて。

「嫦娥5号」は、月面に着陸し、表面の土壌のサンプルを採取して地球に持ち帰る「サンプルリターン」と呼ばれる探査を計画しています。 昨年は嫦娥4号が世界初の月裏側への軟着陸に成功した。

1
嫦娥4号は、月の成り立ちの謎を解明する手がかりを探り、地球から数十光年離れた場所から届く電波をスキャンし、氷が堆積している場所を探す。

中国は昨年1月、「嫦娥4号」を世界で初めて月の裏側に着陸させることに成功した。 月面への有人飛行、さらに恒久的な月面基地の建設さえも見据えている。

8
「 」のミッションは月のサンプルを持ち帰ることだけではない。 中国の偉業には世界中から祝福が寄せられた。