ひぐらし業のゴールは「雛見沢大災害」の回避ではない可能性もある 古手梨花の過去の似たループでのゴールは「雛見沢大災害」の回避ではなかった。 (診療所を畳んでいたので、沙都子の治療はどうするのでしょうか?) 「綿騙し編」はまだ始まったばかりで今後が気になりますが、前作の 「暇潰し編」の前日譚を完全新作として何かやるのかも気になるところですね。

6
「ひぐらしのなく頃に業」は、ストーリー展開が、第3話まで「ひぐらしのなく頃に 第1期」に非常に似ています。

確か沙都子だった気がしますが… これも今回の完全新作に深く関わってくるのではないでしょうか? (唯一壊したことのある沙都子が壊せば繰り返す世界は終わるなど!!) 考察2:かつての繰り返す雛見沢を乗り越えた梨花ちゃんが何かと戦っている 成長した梨花ちゃんが山の中を一生懸命に走っているシーンがあります。

10
名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 やっぱ沙都子怪しいな 名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 皆死んでて草生える 名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 また沙都子が最後に死んでるのか 名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 梨花ちゃん無能すぎでわ? 名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 これは解答編楽しみだな 名前: 名無しさん 投稿日:2020年11月19日 やっぱ沙都子暴走パターンか? そして ネタバレですが、綿流し編と目明し編での雛見沢症候群の発症者は園崎詩音でした。 そのための研究の中止、および投薬中の患者への治療も中断されることになるためL5患者が出てくる。

つまり、圭一が死なないパターンとなるのではないでしょうか。

3
幼少期(刺青を入れる前)に入れ替わらなかったというのもあるかもしれないと思いながら観てた。 もしくは澪尽し編後。

特に赤坂については「温泉」と言う不確定な要素もある。 旧作アニメ「綿流し編」では、圭一と詩音らが神社の祭具殿に侵入し、そのため鬼隠しが発生したのではないかという疑惑が雛見沢村を覆いました。

はで完結して欲しいという思いもあります。 宿業による脱れることのできない重い病気を業病という。

過去に行ってきた行為を圭一たちが最終的には全て思い出す• ぐっすり眠ることができず、朝になると風邪の症状が出ています。 具体的には羽入の登場。 そのため、昭和58年6月の時点では小学6年生、12歳ごろです。

7
首のかゆみを聞かれ掻いた時にギャーと言っている(痒くないのでは?) これらの点から、発症はしていないのではないかと思います。

圭一は雛見沢症候群が発症していない という路線で物語が進むのではないかと考察してみました。 どうして魅音が凶行に及ぶのか? アニメ「ひぐらしのなく頃に」10月29日放送の第5話「綿騙し編 其の壱」先行カット公開 — ABEMA TIMES ABEMATIMES 魅音が犯人としてその犯行動機はなんでしょうか? 私は 「圭一がフランス人形を魅音にあげたから」と予想します。

4
」などと言って詩音になり替わり登場。

旧カケラとの変更点 ・鉄平の頓服薬 雛見沢症候群の発症とも取れますが、単純に不摂生で体調を崩している可能性もあります。 これも何かの伏線なのかもしれない。

18
もし圭一がフランス人形を魅音にあげれば詩音は傷つきます。