一部分だけリフォームするというと、今申し上げたように号室単位の話なのか、間取りの中での話なのかと二種類の意味合いがあります。

8
昭和何年に東京の某所で殺人事件があったと分かったとしても、同時期に発生した同レベルの事故物件を網羅できるわけはなく、役立たずなデータベースにしかならないと。

建て壊したからと言って、全焼レベルの火事であれば取り消されるのも違和感が残りますね。 事故情報に特化した情報の管理 大島てるではユーザーから投稿された口コミのなかでも、指摘があれば 余計な情報は削除して公開されるようになっています。

4
書いてある全ての内容に関して、管理者が投稿している訳ではありません。 ど:家賃への影響はありますか? デ:社内でも大島てるとか知らない人の方が多いし、借りる法人側もそんなの聞いてくることがないから賃料にもまったく影響ないな。

なんていうことがあったりします。 以前あったケースでいうと、とある大規模な分譲マンションで飛び降り自殺がありました。 インタビューなどにでも積極的に「大島てる設立」に関する思いを話しています。

15
勝訴というより、大家側の訴えが退けられたという判決で、大島てる側は事実を公表しているだけで、謝罪等の必要はないとの理由でした。 間違った情報• 元々は、自身の不動産業で事故物件を販売することを避けるために、地図上に事故物件をメモしていっただけのものでした。

例えば、修復したがシロアリによる被害がある等があります。 世の中には報道されていない事故も多くあり、『大島てる』のサイトだけが報じているものも数多くあるそうです。

11
元々は事故物件を避けるために行っていた行為が事故物件を公開するという思い切った行為に至った経緯については、「公開することで、他からの情報を集めるため」だとインタビューで大島学氏は話しています。

単純に営業妨害だと感じる不動産業者もいるということは想像に難しくありません。 でも、家を購入してしまった場合、そうは簡単にいきません。 事故物件サイトに載ったからといって、リスクをそこまで気にしなくても良いのかもしれませんね。

12
お金をかけてリフォームをして色を塗り替えて、その結果、よく見ると気づかれてしまう。

) まー、このようにして自分の中で釈然としないなーという想いがあり、 総合的に判断をして、コメントの『大島てる』氏に対して一方的に宣言した、 『記事にしない』という前提を破って今回の記事をまとめる事にしました。

1
あなたの家も実は事故物件かもしれない…… イラスト/オギリマ サホ 第3位 床の下に死体! 「とにかく悲惨で、今後も同様の事件が増えそうです」。 人気アナウンサーとつきあっていたちゃら男の人とか(今も住んでいるかは不明)。