女警部シリーズは覚えてるけどこの話は記憶にないな。

9
スタジオトークはアニメに興味のない世代に配慮したもの。

(・・・)• 脚注 [] 外部リンク• 私がこれをリアルタイムで観ていたときは小学校にもまだ入っていないくらいの年齢だったのですが、リアリティとファンタジーが入り混じったような不思議な世界観のこのアニメに異様な魅力を感じ、寝る前によく観ていた記憶があります。

中盤からは決定的な証拠をあっという間に見つけたり、現実には到底不可能なトリックを用いたりするなど、強引な展開が目立つようになった。 のに通じる面が多く、毎回悲惨な結末を迎えことで知られる。

「の」のはおそらく新作「里帰り」であり、放送時点でのはまだ存命であった。

2
犯人の逃亡を予測し、事前策を練っておくなど視野も広い。

山田末吉(CV:)• 漫画や小説などを基にした作品もあったが、番組の最後の紹介コーナーで非常に目立たない状態で紹介していたため、盗作と誤解されることも多かった。 宮本健介(CV:)• 使い方次第で不老不死の秘薬として使用すること可能なのです。

20
週刊ストーリーランドとは、からまでで放送されていた番組。 丹下慎三郎(CV:)• 病気に永遠に苦しみ、生きるのを運命づけられることのは、どんなに残酷なことか。

ある男が芸ができる天才ゴキブリに出会い、人前で芸を披露したりしながら友情をはぐくんでいく……というシュールすぎる物語。

通報を受けた警察が調べてみると、実際に海から赤ん坊の死体が見つかります。 45歳で子供がいるらしいが、私生活は謎に包まれている。

-- 名無しさん 2016-03-18 01:44:26• ニッポン人の川柳 いわゆる「」を元にして話を展開させたシリーズ。 ミンチン先生やテナルディエ夫婦、ねずみ男含むお金の亡者たちには、最高の品物でしょう。 のに通じる面が多く、毎回悲惨な結末を迎えことで知られる。

(原作)• 江森宏治(CV:)• 決めゼリフは「 これで全てが繋がった」。 彼氏の父親を愛してしまった私(/)• 婆さんシリーズのバッドエンドもびっくりだわ -- 名無しさん 2020-08-25 20:50:01• -- 名無しさん 2014-10-20 09:23:06• ただし、決定的に異なっているところは2箇所。

その他• 上記イラストにもあるが、不思議な商品を売る『』の話がよく知られている。 プロ野球シーズン中は月一回程度の放送がほとんどで、2001年4月に至っては一度も放送されなかった。

3
(2002年 - 2009年、第9話以降)• 詳細は「」を参照 女警部・神宮寺葉子 城北の・神宮寺葉子、部下である江森宏治の推理シリーズ。 視聴者の創作によるオリジナル作品(シナリオ)の採用が多かったが、あくまでも「アニメにして欲しい物語を教えて下さい」という形で募集しており、既に世に発表されている漫画や小説などのシナリオを紹介する投稿も可能。

東京()• ナレーション(CV:) ニッポン人の川柳• tui -- 名無しさん 2014-10-18 00:46:15• 皆さんは一度、週刊ストーリーランドという短編アニメ集が揃った番組をご存知でしょうか? 中でも絶大な人気を誇るものは謎の老婆シリーズ。 . 橋本ケンタロウ(CV:)• 鈴森の声は、ナレーションはが担当。 サスペンス、オカルト、探偵、昔話、恋愛、感動ものなど。

7
(・・・)• 結果的に人間の愚かさを描いている 謎の老婆シリーズは、人間の愚かさというものを嫌というほど考えさせられる話です。

コナンは少ないほうだが金田一での酷い殺し方に匹敵するレベルだった・・・ -- 名無しさん 2014-10-18 09:13:57• 番組の最後には「あなたの知っている物語を大募集」として視聴者に応募を呼びかけ、採用者には最高で賞金50万円を出した。 というかよくこれ放送してすぐ打ちきりにならなかったな。 最後は 何も知らない人に踏みつぶされて死んでしまうんですよ。

3
-- 名無しさん 2014-10-28 12:27:43• どう着地するのかわからない不安感が意外な結末になるところもお気に入りでした。