主婦にとって気になるのは電気代。

16
私はいつもエアコンとオイルヒーターを併用しています。 灯油は臭いや価格変動もデメリットになり、価格が高い年は思うように購入できないこともあります。

電力は、電力会社の提供する、30分別使用量を元にしています。 では、8帖の勉強部屋で使った場合の電気代の目安は 1時間に10. 風によってホコリやハウスダストが舞いやすい• 1200W• デロンギのオイルヒーターの電気代を気にするまで 先に言っておきますが、 私はオイルヒーター大好きです。

空気が乾燥しやすい• 実際その2年後くらいに出産することになりあの時のポカポカな温かさを思い出し早速購入しました。

2円 という結果です。 向いている設置場所 ホットカーペット・電気毛布は 暖めたいスポットがほぼ決まっている場合に向いています。 ハウスダストや花粉のアレルギーの私には最適でした。

12
1500W• 従って電気代も同じ。

商品リンク• 平均的な世帯で、年間1~2万円程度の節約になります。

10
オイルヒーターと他の暖房器具で電気代比較!こたつが最も安い 一時間あたりのオイルヒーターの電気代を元に、一日八時間使用した場合の電気代を他の暖房器具の電気代と比較してみました。

真琴(マコト) 1児の母で専業主婦してます! 色んなネットワークから仕入れた情報を ここに残して皆さんのお役に立てればと思います^^ 最近の投稿• 温風でホコリを巻き上げないから空気を清潔に保ち、肌やのどにやさしいので肌の水分量を失うことはありません。

5円 デロンギオイルヒーターは、設定温度を保つために 自動で暖房のON・OFFを繰り返して暖めています。

オイルヒーターと同じように、火やガスを使わず、燃焼を伴わないので、 安全性が高い、 空気が汚れないといった特徴があります。 購入前に自宅や設置する部屋を確認してみましょう。 その部屋が暖まるまでの時間が長い分だけ、効率の悪い暖房器具だと思います。

4
同じカテゴリの関連記事• 私の子は秋生まれでしたが、あっという間に寒くなり、やはり夜エアコンをつけっぱなしで寝ていました。

消費電力も一般的なオイルヒーター(1200~1500W)と比べて半分以下です。

19
フィンの付いた密閉容器に難燃性の油が密閉されており、電気を流すことで内部の油が加熱され、温度が上昇したオイルがパイプ内を循環することで放熱する暖房器具です。 メンテナンスが簡単で表面を拭くだけ。