この電話で捜査中の午前11時5分ごろ、大成建設本社の駐車場の隅で時限爆弾が爆発、9人が重軽傷を負った。 74年に「さそり」を結成し、宇賀神らとともに企業を爆破。

また彼らのアジトから出たゴミから犯行声明文の書き損じなども発見され、ついに正体をつかんだ。

出典: 年齢的に亡くなっている可能性もありますが、 もし生きているのなら南米にいる可能性が、高いと思われます。 許される行為ではありませんでした。 現在も確定死刑囚として、 東京拘置所に収監されています。

この3部隊はリーダーが連絡を取り合うだけで、メンバー同士の付き合いはなかった。

高校の同級生だった大道寺将司に高校の同窓会で再会し、「研究会」に勧誘されたことがきっかけで交流が深まり、交際・同棲に発展します。 威過剰なを用いたために死者8名、負傷者6名という彼らが予想した以上のを引き起こす結果となった 爆破事件。

爆風とガラス片により遺体の損傷も激しかったと思われます。 海外での活動を全て停止せよ。

スポンサーリンク 連続企業爆破テロ三菱重工爆破事件のサイドストーリー 1970年代の極左暴力集団の中には「東アジア反日武装戦線」と同じく爆発物によるテロを実行したものが多かったが、なかにはメディアでの事件報道に憧れを抱く「爆弾マニア」による模倣犯も多く出ており、逮捕者の中には悪戯のためにコインロッカーを爆破した中学生がいた。 反イスラエル闘争として、国際空港襲撃や航空機ハイジャックや大使館占拠等のテロ事件を繰り返し実行して、自らのイデオロギーの実現に奔走していきます。

17
1970年代のの中には「東アジア反日武装戦線」と同じく爆発物によるテロを実行したものが多かった。

スポンサーリンク 旦那の現在は? 出典: 大道寺あや子さんは、高校時代の同級生である大道寺将司と結婚されています。 現在も、事務局員として働きながら、反権闘争運動を行なっているそうです。

3
近くにいるものを避難させろ」という予告電話がかかってきていたが、いたずら電話だと思い、途中で切った。

特に、何人か集っての酒盛りは厳禁である。 11月に第1回公判が再開される。

37歳の課長 - 即死• しかしこの時点では法的な義務化ではなく、あくまでビルの施主・所有者・施工業者らによる自主的なものであった。

朝日新聞1982年10月30日朝刊• 片岡利明『爆弾世代の証言 東京拘置所・死刑囚監房から』(、1985年)• 概要 [編集 ] 1974年8月30日、「狼」の実行犯4人は、午後0時25分 ごろ三菱重工業ビル(現:)1階出入り口のフラワーポット脇にを仕掛けた。 実行犯「狼」のメンバー4人は、この日、昼の12時25分頃に三菱重工ビルの一階出入り口のフラワーポット脇に時限爆弾を仕掛けました。 「父さん母さん許して下さい」という遺書があった。

5
日帝本国の労働者、市民は第三世界人民と日常不断に敵対する帝国主義者、侵略者である。 翌年、東アジア反日武装戦線のメンバーら8人がようやく逮捕されたが、うち2人は現在も海外へ逃亡中だ。

実際、その後の学生運動のリーダー達は、帝国主義の「悪」として位置付けていた大企業に就職し、日本の高度経済成長の一端を担うことになります。 「三菱重工ビル爆破事件」の犯人は現在、全員高齢者なので、大道寺夫将司と同じように病死か、寿命で死ぬと思います。 東アジア反日武装戦線・「狼」 佐々木規夫 大道寺将司 大道寺あや子 片岡利明 同・「大地の牙」 斎藤和 浴田由紀子 同・「さそり」 黒川芳正 宇賀神寿一 桐島聡 他 【連続企業爆破】 1974年8月から翌年5月にかけて、東京を主とした各地の企業で爆弾による爆破事件があいつぐ。

37歳の三菱信託銀行課長- 即死• 爆発する前に社員が茶色の紙に包まれた円筒型のものが2個置かれてあるのを目撃している。