東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、2019年4月1日(月)からメトロポイントクラブ(以下、愛称「メトポ」)を活用したオフピークプロジェクトを実施します。

4
「JR東日本は『値上げする』とは一言も言っていないが、変動運賃制の導入で実質的に値上げとなる可能性は小さくない」と話す鉄道関係者は少なくない。

豊洲駅(有楽町線)の混雑緩和を目指しており、ピーク時に東西線が混雑し、駅が混雑している。

5
参加対象 プロジェクト期間中 *1に東西線を利用し、下記の内容を満たしている方• 3 対象駅 (1)豊洲オフピークプロジェクト 豊洲駅 (2)東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト 1. ) (1)東西線オフピークプロジェクト() 以下の表の各駅及び時間帯に、参加登録したPASMO(以下、「対象PASMO」)で自動改札機を入場します。

その一つが「メトロ de 朝活」。 賞品も種類を増やし、オフピークの通勤がさらに「楽しみ」になるよう、工夫を凝らしていく予定だ。 最混雑時間帯前後の指定時間帯に豊洲駅で下車した場合だけでなく、駅構内で比較的ご利用の少ないルートを通ることでもメダルが獲得できるよう工夫した。

14
」という表現とともに、こんなコピーも書かれています。 このポスターに関しては、ツイッターにも「ダンディの言葉が胸を打たれた」「東西のリニアポスターは素晴らしい」「具合が悪い」などの投稿もある。

特にルートメダルの効果は大きく、比較的ご利用の少ないルートの利用者は約10%増加し、駅構内の混雑緩和にも大きく貢献した。

厳しい経営環境の中、抜本的な対策は避けられず、同社は既に来春から終電時間を繰り上げると発表、コスト削減を急ぐ計画だ。 貯まったポイントはPASMOにチャージすることができるので、きっぷの購入や電子マネーとして使えることとなる。

土日も対象期間に含まれます。 「ピークを知る男」小島よしおさん、ダンディ坂野さんの地下鉄ポスターに「笑ってもいいのか迷う」 「他人とズレてるくらいで、ちょうどいいと思うよ」 石原さとみさんの最新CMもかわいいと話題になっているんですよね。 なお、門前仲町駅の中野方面行きホーム側の都営地下鉄との連絡改札口については、対象となる鉄道利用の約2週間後を目安に参加履歴を反映いたします。

6
メトポ会員サイト(マイページ)から事前にオフピークプロジェクト参加申し込みを行います。

PASMOをご利用のお客様が、メトポに入会の上、メトポ会員サイト(マイページ)から事前にプロジェクトへの申し込みをしていただくことでご参加いただけます。 ダンディ坂野さんは「ゲッツ!」、小島よしおさんは「そんなの関係ねぇ!」のギャグで2000年代に一世を風靡。 設定時間帯に対象駅から中野方面への電車を利用している• 背景には「鉄道利用者の激減」が テレワークの広がりや外出自粛の影響で鉄道利用者は激減している。

7
そのポスターのイメージキャラクターに選ばれたのが勝って大ブレイクを果たした 小島よしおさんと ダンディ坂野さんだというのです。