HOUSE -ドクター・ハウス-」などのヒュー・ローリーのほか、ティルダ・スウィントン、ベン・ウィショーらが共演する。

1
一見変わった人だけれども心優しい伯母とそのいとこであるミスター・ディック(ヒュー・ローリー)と出会ったことで、デイヴィッドの人生は大きく変わっていきます。

こうした人たちを観察し、印象に残った言葉をメモして、彼らの口真似をするデイヴィッド。

8
ある種のドタバタコメディとも言える作風が、冗長になりがちな白人時代劇の雰囲気を払拭しているのだ。 不遇の幼少時代に始まるデイヴィッドの波乱万丈の人生を独特のユーモアを持って描くコメディタッチのドラマだ。

愕然とするレベルのダサい日本語タイトルだが、の『デイヴィッド・コパーフィールド』の映画化である。 さらに、令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後に法律事務所で働き始めた彼は、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。

18
命からがら辿り着いたのは、唯一の肉親である伯母ベッツィの家だった。

本当にめまぐるしい展開について行くので精一杯だった。 デイヴィッドは幼い頃、周囲の変わり者たちについて書き留めては空想して楽しんでいた。 ベッツィの取り計らいで、カンタベリーの名門校に進学したデイヴィッド。

11
- (英語) この項目は、に関連した です。

福井県• その同居人に、人気TVシリーズ「Dr. 2018年7月20日閲覧。 監督の真骨頂である小笑いが効いた演出は、古典文学の映画化とは思えない洗練されたユーモアを登場人物に吹き込み、デイヴィッドが彼らを観察する温かい眼差しと同じように、特別な愛おしさを観る者に感じさせる。

しかも里親は、借金まみれの老紳士。

がぱっつんヘアーでやたら対人距離が近いヒープを楽しそうに怪演している。

14
中国・四国• 英国屈指の豪華なキャストで、ディケンズの波乱万丈ストーリーを描きます。