シャフトのしっかりしている感じもこの順番ですね! ボールの上がりやすさ• また特定のWiFi環境下では切断通知音が作動しないように設定をすることができます。

1
また、4Xと5Xは剛性が増すため長尺仕様にしても良いかもしれません。

メールもしくはLINE@どちらかで無料にて登録することが可能です。

11
ディアマナZFは手元というのは少し違うかもしれませんが、タイミングが取りやすいことは間違いないです。

先端と中間の間がやや硬めに設定されていることで、ミート率向上が期待できます。 シャフトメーカーとしては、ツアーADや三菱などの世界的メーカーほどの知名度がなく、使用している人も少ないのが現状。 。

今回のシャフトカラーは鮮やかな紫。

私もお奨めします。

加えて、風は右から左に吹くアゲンスト。

アッタグ のアラーム音は3つから選択することができます。

では、実際に打ってみてどうなのか? シャフトの中間部分が軟らかく、ムチのような挙動で捕まりが良い!!!!! は切り返しで手元がしなりますが、は手元側の剛性が高いので、手元のしなりは控えめ。

強烈なしなり量の大きさが『アッタスクール』の最大特徴になりますが、ややスイングプレーンから外れた軌道でも、インパクト時までにシャフトが補正してくれるから不思議。 その特性は、先中調子で手元はしっかりめ。 でも情報は出せない的な・・・・T島もこのタイミングでガッツリとレポートしたかったのですが、情報を発表までに一切口外しないことの誓約書を書いておりましたので・・・筋は通す訳で・・ いきなりチェンジして、活躍というのはなかなか売りになると思います。

20
飛距離を徹底追求した『アッタスロックスター』のパフォーマンスをぜひ体感してもらいたい。

飛ばないタダのオジサンT島のインプレですから、あまり参考になさらないだろうということを前提に、言わせていただきますと・・・ イマドキの捕まらない、ボールが上がりにくいドライバーにかなり意識して作っている感じ。 メーカー(マミヤ)も言ってますが…半フレックスは柔らかいようです。

弾道は中弾道で、弾きと粘りはちょうど中間的です。 アッタスジャックはかなり低スピンなので、高打ち出し、低スピンのいわゆる飛ぶ弾道が楽しめるシャフトになっていると思います。

スイングタイプ的には、しなり戻りの速さやコシの強さがあるので、リストコックが早く解けて、インパクト時に手より先にヘッドが出るヒッカケの多いタイプにズバリ、ミート。 三者三様のインプレッションは次頁からチェックしよう。

20
商品データ ATTAS9代目は『CoooL クール 』 毎年、新作が発表になるいなやネーミングに注目されるシャフトといえば「ATTAS」。 一部分の剛性を高めるのではなく、なだらかな剛性を保つことでスムーズなしなりを感じられ、先端部に走り感が出たという。