しかし、アビギャ・アナンド君の預言は、時間的な整合性が証明できるものであったため、信憑性が高いと感じたのです。 免疫力アップには、有機野菜などの他、特にウコンを勧めている。 。

9
14歳の少年らしい一面も見れて安心しました…! Sponsored Links そんなアビギャ・アナンドくんをインドだけでなく世界的に有名にしたのが、2019年8月22日にYouTubeチャンネルに投稿された動画でした。

365• では、実際はどうなんでしょうか? なので今回は アビギャ・アナンド君の話した内容の要約、的中したこと、未来に向けて何が必要かについてご説明します。 そう考えると、2020年末は地球人類を選別にかける時とも言えそうです。

8
そのスーパーバグに対応する薬剤はなく、治療ができない。

さらにインド占星術に精通し、2013年にはインドの全国紙を舞台にその占術を発揮した。 インドのアーユルヴェーダに付いても詳しいようで、2020年12月20日(冬至の頃)からやってくる第二波に付いても自己免疫力と有機野菜をできるだけとり、ウコンを進めている所はインドらしいと言えますね。 再生回数も680万回と多く、世界的に話題になっているとのこと。

7
問題となるのは木星と土星の大接近、いわゆる「グレート・コンジャンクション」である。 SNSなどのネットでも話題になったこの予言は「完全に当たってる」「当たりすぎていてこわい」とSNSなどで拡散されています。

ことの発端は、彼が2019年8月22日に投稿したYouTubeからでしたが、これをアメリカのオンライン紙「International Business Times(4月4日付)」が取り上げたことにより世界的に有名になったようです。

1
YouTubeにしっヵりと記録が残っているわけですから、どうやら後出しでずるをしたというわけではなさそうです。 に buy generic cialis online より• その流れは、予言と言わずとも過去のスペイン風邪の状況を見ると予想の範疇だったとも言えそうです。

そのユーチューブ動画がこちら・・・。 あの大陸には、雀がおらず、空を飛ぶ鳥も地を這う動物もいないとさえ揶揄されておりますね。

地元では神童と呼ばれており、占星術師だそうです。

これについても、ちょっと気になることがある。

14
162• ワクチンが効かないスーパーバクが現れて、脅威になると言っているそうなんです。

さて、こうなってくると気になるのが「これからのこと」です。 あんまり当たって欲しくない内容ではありますが、とにかく「まだ、何かがあるかもしれない」と思って注意深く行動するようにしたいものです。 昨日のニュースだったか、欧米ではせめても鶏のために、鶏舎にとまり木を設置するような動きがあるそうですが、それに対して日本の人から反対意見が出ておりました。

13
「アナンド少年は占星術で新型コロナウイルスの出現を占ったといい、6月末までは良い知らせがないと予言。