弱点はヴェノム同様、高熱と高周波。

14
ピーターに モールン()などの新たな敵の存在を教え、サポートする。

日本未放送作品。 の長官となり、からスーツを奪い として活動した。 (1981年)• 能力 [ ] 劇中で詳細は語られないが、放射能を浴びた特殊なクモに噛まれた影響から 常人の何倍もの耐久力や怪力と俊敏性、壁を自由によじ登れるほどの吸着能力など、クモと同等の能力を有しており、ウェブ・シューターを合わせたトリッキーな戦闘スタイルで戦う。

6
本人いわく、を守ろうとしている。

父の死後、オズコープの社長になる。 かいりきベアの人気ボカロ曲を、有名Pから次世代P10名の豪華ボカロPがリミックスした15曲が収録されたアルバムです。

何とかクラブのパーティに参加しようとしたが、ダグを初めとするメンバーに逆に馬鹿にされて追い返され、失意の中でネオンへの落雷に遭遇し感電して電気が人型に集まった「電気人間」となる。 アニメ映画『』では主人公として登場、ピーターはそれを導くサブキャラクターとなっている。

. ある日、テレビ出演を終えたピーターの前に強盗が現れるも、疲れていたピーターはそれを見逃す。

正義のためには暗殺も行う。

これは『Amazing Fantasy』 15のラストに掲載されていたキャプションの一部であるが、近年ではベンがピーターに遺した言葉として描かれることが多い。 スパイダーマンが描かれたJRの行きの。 「ロケット」の通り名を持っただった。

分かりやすく親しみやすい名前であることも、人気の理由のひとつかもしれませんね。

また、メイおばさんと付き合っていた。 なお、ウェブは発射してから2時間で溶けるとピーターが明言している。

10
サンドマンと融合してしまい、 マッド・シングという泥の怪物になって大暴れしたことがある。

エイジ・オブ・アポカリプス 小学館プロダクション刊。

ピーターがベティーと付き合い始めた頃にピーターを好きになり、三角関係になった。 正体:エイドリアン・トゥームス 自らが発明した飛行スーツを悪用する御年90歳の老人。

本名:ハーマン・シュルツ ガントレットと防護スーツを自己開発した三流の泥棒。 「Spidey(スパイディ)」、「Friendly Neighborhood(親愛なる隣人)」、「Web head(ウェブヘッド)」、「Web slinger(ウェブスリンガー)」などのニックネームを持つ。

3
マンウルフとしての設定は描かれなかった。 インパクトとしてはどの歌ってみたより上回っていそうなこちら。

「」の一員でもある。

11
訳者は宇佐川晶子。