自分で作ることで、何と 100円で作ることができる方法もあります。 タイピングをする際は外付けのキーボードが必要となりますが、画面を垂直にすることで首や肩への負担を大きく軽減できます。 対応サイズ 15インチまで 耐荷重 15kg スタンドの重さ 1. カフェでこの姿勢はちょっとできないな。

販売価格は1833円。

スタンド本体は中空タイプのアルミ合金製で強度と軽さを兼ね備えた設計となっており、可動部分の動きはとてもスムーズです。 スタンド接地側も滑り止めが付いているので、デスクに置くと滑りにくく安定して使えます。 ここではそんな高澤さんのリモートワーク環境を紹介する。

1
PCスタンドの種類は大きく分けて2つ! 写真のようにタイピングスタンドはノートパソコンの位置を高く底上げすることによって、自然に目線の位置が上がることから姿勢が改善されると言われています。

【耐重20kg・優れた放熱性】 厚さ3mmのアルミ合金から加工されて作られ、安定性が抜群で、20kgまで耐えられます。 最大42cmまで高さを出すことができるため、普段お使いのデスクの上におけばそのままスタンディングデスクに早変わり。

19
15インチ MacBook Pro の場合、ディスプレイの位置的には1番しっくりとくる 実際にノートPCスタンドを使ってみた ここからは実際に使ってみたところをご紹介。

全部で13ポート用意されています。 使わない時に折畳って隣に置いて邪魔しないです。 またタブレットをのせていて傷が付きそうなことは全く無く、安心してのせれます。

15
特にレビューの中でも高評だったのはやはり『安定性』。 【参考】 Appleマニアの建築デザイナーが考案!Mac Bookを美しく見せるPCスタンド「Yohann」 正しい姿勢はもちろん、美しく見せるためのこだわりまでも詰め込んだMac Book用のPCスタンド「Yohann(ヨハン)」がクラウドファンディングサイト「Kibidango」に登場した。

低価格のものほど、作業中に安定しなかったり、タイピングに合わせて、スタンドが跳ねるような感覚になる。

10
15インチMacBook Pro の場合、この状態だと左右にガタガタするので使いづらい 高さ6cmの1段目。 また、構造上、パソコンの下に空間ができるので、書類を広げたり、使わない時はキーボードをしまっておけたりできるのが助かっています。

しかし実際にノートPCスタンドを使うと、 デスクと身体の間の隙間に腕が落ちるので、肩が自然な位置まで落とすことができる。 薄くて軽量なノートPCスタンド こちらがこのノートPCスタンドの実物。

17
これだけポートがあるので、外付けディスプレイに繋いだり、スマホを充電したり、スピーカーと繋いだりするのもよし。 そんなタイミングで丁度知り合いが「ノートPC用のスタンド」を自社ブランドとして発売したそうなので、1ヶ月ほど借りて使ってみた。

とても軽量なタイプであるため、持ち運ぶときにもとっても便利。

7
持ち運びができるそこそこしっかりとしたスタンドがほしいときにおすすめです。 高さは最大26cmまで引き上げられるので、机と椅子の高さに合わせて調整すればいい。

木材加工の天板がおしゃれなノートパソコンスタンドです。 人間工学に基づいて作られたシンプルかつ使いやすいノートパソコンスタンド。

10
ちょっとだけ細いお話 その他 私の気に入っている点といえば、放熱できる空間があるところ。 コンパクトな折りたたみタイプのスタンドはどうしてもガタつきやすく不安定なのですが、こちらはそのようなことはほとんどなく 快適な使い心地を実現。

自然な姿勢で集中して 首の痛みや目の疲れを軽減させることが可能で、作業効率も上がります。

machi-yaでクラウドファンディングを実施中の13ポート搭載の超薄型ノートPCスタンド「」は、外付けハブとしての機能をもつPCスタンド。 上記は角度調整をしていない状態。