さらに、その後の調査で、日本人の一日当たりの平均的なトランス脂肪酸の推計平均摂取量は、2006年、2010年ともに総エネルギー摂取量の0. 女性の場合は 排卵機能に多大な影響を与え、アメリカのハーバード大学の調査では、トランス脂肪酸の摂取量が多い女性ほど不妊症に陥りやすいという結果が出ています。 この基準があるためにコンビニの食品はトランス脂肪酸や添加物が使われていないものを探す方が難しい状態になっています。

16
トランス脂肪酸の性質2:蓄積性 ふたつ目は、 蓄積性です。 これらの中で最も一般的に油糧原料として使用されている大豆、菜種、とうもろこしは常温で液状であることから、パン製造に適するよう固体状にしたマーガリンやショートニングが必要となります。

平成18年度に食品安全委員会が実施した調査では、マーガリンでは平均7. 植物油に水素を添加して常温で固形化しているということは、融点を常温より高くするわけですから、加熱しなければ溶けません。

プラスチックは本当の意味のまったく逆のイメージで広まってしまいました。

各国の対応と規制 [ ] アメリカ合衆国 [ ] では、2003年5月に、スナック菓子製造業者のに対して、トランス脂肪酸を使わないように求める訴訟が起こされた。

「科学的」といっても、一部の学者が大きな声で騒いでいるだけかもしれませんし、業界全体ではどう見られているのかはぱっと見ただけでは分かりませんよね。

それゆえ「横切る」という意味のある 『トランス(trans)型』と呼ばれます。 こうした研究結果は、トランス脂肪酸の摂取量が、平均的な日本人よりも相当程度多いケースの結果であり、平均的な日本人の摂取量においては、これらの疾患リスクとの関連は明らかではありません。

注2: 食品安全委員会「食品中に含まれるトランス脂肪酸に関する食品健康影響評価」(2012年3月)より ただし、米国、カナダは内閣府食品安全委員会資料「脂質の摂取~トランス脂肪酸を理解するために~」から引用。

私達人間の体温よりも融点が高くなるので、いくらサラダ油を使っているとはいえ、結局は 体内でも固まりやすく、血液をドロドロにしてしまう原因になるのです。 日本人がトランス脂肪酸の取り過ぎになる心配は、まずないといっていいでしょう。

1
まずは、トランス脂肪酸が関連しているとみられる疾患の一部をご覧ください。 人工のトランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸から飽和脂肪酸を製造するための水素化や、不飽和脂肪酸を多く含む植物油の精製の際に生じる。

トランス脂肪酸よりも動物性油のほうが融点が高いです。 2g以上取ると、摂りすぎになりますので、注意が必要になります。

14
マスコミの発進した間違った情報がネットで広がり誤解を広めています。

ただし、日本で「平均的」な食生活を営んでいる場合のことで、過剰なトランス脂肪酸を摂取してしまう人も存在する。

3
これは周知の事実。