知らせてほしい場合には「あり」にして、任意のメールアドレスを入力します。 ただ、短縮版を使った方が感じはよいでしょう。 BitSendの口コミ ネット上では口コミが見つかりませんでしたが、導入ハードルが低く、セキュリティも強固なため、企業や個人問わず利用されています。

20
一回に送信できるファイルは最大10ファイルまで、ファイル容量は最大300MBまでで保存期間は72時間(3日間)です。 その場合は、時間をおいて再度アクセスを頂ければ幸いです。

そうなると、ファイル転送サービスもある程度の容量は必要だが、使い勝手の方が重要だと考えるようになった。

20
グローバルセキュアデータ転送サービスの料金 個別見積もりとなるため問い合わせが必要です。 これは、パソコンのフォルダと同じ感覚で、インターネット上にファイルを保存しておくことができます。

下記の時間帯にてサーバのメンテナンスを定期的に実施いたします。

10
アップロードの手順 データ便を使ってファイルをアップロードする手順ですが、まず、のサイトにアクセスします。 アップロードにお困りの方は、是非とも動画をご確認ください。

ただ、この場合、送った相手側でファイルの「解凍」作業が必要になるので注意が必要です。 ホワイトリスト・ブラックリストによる宛先制限機能やZIP強制暗号化、上長の承認が必須のファイル送信など必要なワークフロー機能を兼ね揃えています。

すると、下図のように送信者(自分)と受診者(相手)の情報を入力するフォーム画面が表示されます。

さらに、大量のアップロードも可能で、ダウンロードの通知有無や受信者へのメッセージやメモなどの設定ができます。

19
価格 無料のサービスが多いファイル転送ですが、より強固なセキュリティ・機能を求める場合有料サービスの利用を検討するかもしれません。 また、 などの無料ストレージサービスも広く利用されています。

ずいぶんと短い URLになります。

さらに、自社全体で必要となるストレージ容量やファイル転送時の容量上限の把握も忘れてはいけません。

ダウンロードの手順 ダウンロードの手順ですが、送られてきたURLにアクセスすると、以下のような画面が表示されるので利用規約に同意して次へ進みます。 ふだん使っているメールソフトから直接、ファイル転送サービスが使える点が便利です。

3
(パスについて詳しくは、 を参照してください) ここで注意が必要なのは、この「参照」より指定できるファイルは「1つだけ」なので、複数のファイルを送る場合は、それらのファイルすべて「参照」ボタンから選択していかなければならないということです。 さらに、IPアドレス制限や端末認証の機能で指定端末以外の接続ができなくなります。