筆は水洗いする事が出来ますが、塗料が乾くと水では落ちないので、その場合は溶剤を使って塗料を落とします。 ただこの点については時間が経てばいずれ充実したものになると思います。

13
筆塗りだと下地の塗料が溶けて汚くなる可能性高いですけど、エアブラシで薄く乾かしながら吹き重ねていけばけっこう下地を溶かすこと無く塗装できたりします。

獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 この商品を見た方は、他にもこんな商品を見ています. 筆塗りよりもエアブラシはうすめ液が多くなります。 完全に乾燥した後でも、特に艶有り塗装の場合は指で触ったりすると指紋が付く事もあります。

18
水性ホビーカラーは乾燥する前であれば水での洗浄も可能です。 があります。

左の写真はエナメル塗料の上からラッカークリアーを普通に吹き付けてあるんですけど、、クリアー乾燥後にエナメル塗料がヒビ割れてきてしまいました。 (そういう技術を紹介した本もあります。

15
水性ホビーカラーに使用されている溶剤は、強さ、臭いともに抑えられております。 水性ホビーカラーは筆を水で洗うことはもちろん、塗料を水で薄める事もできます。

水性ホビーカラー ・乾燥が非常に遅いです。 こちらもタミヤのアクリル塗料と大体同じような物です。

なのでアクリル溶剤は若干ラッカー塗料を溶かしてると思います。 スタンダードなカラーを、取り揃えましたので一本買っておきました。

乾燥させると耐水性に変化するため、水に対して強くなる性質を備えており、大変扱いやすいという特徴があります。

撮影が下手くそでグラデーションが分かりづらいかもですが(汗)。

今回ラッカー塗料の下地に水性カラーを塗ったってことはおそらくラッカー下地を溶かしているってあんまりないんじゃないかと。 エアブラシを持っている方は溶剤の取り扱いや換気がある程度出来る方だと思うので「ど〜しても水しか使えないんすよ自分!」て方はそもそもいないと思うんですよね。

6
さらに、この原則は「どの塗料にも当てはまる」と、経験豊富なモデラーなら知ってるものなのです。 例えば、ラッカー系塗料に含まれている溶剤は、ラッカー塗料を含む水性アクリル、エナメル塗料の全てを溶かしてしまいますが、エナメル系、水性アクリルの溶剤でラッカー塗料が溶けることはありません。

) 個人的には筆で塗る場合は、溶剤を使うよりも水で薄めたほうがいい感じがします。 「新水性ホビーカラー」を使用した際のエアブラシの掃除について 「新水性ホビーカラー」の「うすめ液」は小さな瓶タイプのみなのでガシガシエアブラシで吹く場合は少々心もとない量です。

20
で、「塗料は薄く塗り重ねる」ってのもモデラーとしての常識です。 これは洗浄専用の溶剤で、固まってしまった塗料でも簡単・強力に溶かしてくれます。

有機溶剤の配合量が少ないこと、プラスティックやクラフト、工作道具など利用できる範囲が広く、絵の具感覚で使えるため、小さなお子さんのいる家庭で使用されたり、子どものプラモ制作や塗装作業などに向いています。 使用後の、筆の乾いてしまった部位の洗浄に効果があればよいのですが。 これまで世に出てきた塗料の延長でより安全に扱えるいいものだと思います。

ツールクリーナーの方がいいかもしれません。 ただシタデルは通販で手に入りはしますが、お値段 12mlで一色560円から。

エナメル塗料の一番の特徴は塗料の伸びがよく、筆塗り塗装で筆ムラが出にくい事と発色の良さ。 【該当商品】 、、など 水性アクリル塗料 ラッカー系についで種類も豊富な塗料です。 また、塗装する際に気になるのが塗料の垂れです。

18
そして塗膜の強さについて。