アッパーには斜めに裁断されたメッシュ素材を採用。 確かにに行った時は良く見ていましたが、ランニングシューズを出しているのは知りませんでした! カーボンプレート搭載シューズですが、 ミッドソールのクッショニング素材が反発性を生み出してくれます。 暑い日に履いても蒸れず、夏のトレーニングにも使える。

14
アシックスのランニングシューズは日本人の足に合うラスト(足型)を基準にシューズが作られているためスタンダードのモデルでも苦しくはないと思いますが、さらに足幅が広い方には3E・4Eのモデルも展開されているので、チェックしてみてくださいね。 っということは足にフィットしやすいとおのずとなるわけです。

足離れがいいですよね。

13
。 まずは、そのスペック、27㎝で約190g(実測値)。

実際に試着してから購入したいので、ネットの先行予約などはせず店舗に並ぶまでお預けですね。 ソールにカーボンが入り、底部にはグリップ力の優れた素材が使われている 前二つのモデルとの大きな違いは、アシックスのランニングシューズとしては初めて、ソールにカーボンプレートを入れたことだ。 「女子に厚底が少ない原因はいくつか考えられるが、ひとつは重さの問題ではないか。

った時にどうなるかわからないのですが、もう少し幅に余裕があると安心感があって完璧だなぁといった感じです。 側面(外):弓状のフォアフットとグイッと上を向いた爪先が特徴。

その中核になっていたのは、日本人好みの薄底シューズを体現化したタクミセン・レンでした。 近年、大学長距離界を席巻している青山学院大がアディダスとパートナー契約をしているらしく、選手のほとんどがアディゼロを履いていました。 アディダスもこの状況をただ傍観していたわけではありません。

12
言葉だけではわかりませんが、上記特徴からみてみると、クセがなく安定性を高める工夫が施されたシューズ、という印象を受けます。 爪先の部分はアウターソールが分割されています。

5cmでちょうどぴったりでした。

11
デザイン・重さ それでは、メタレーサーの外観を詳しく見ていきましょう。

まとめ 以上、アシックスのレース用ランニングシューズ「メタレーサー(METARACER)」をレビューしました。 薄底ではないが厚底でもない感じです。

サイズ感は足の形状にもよりますが、普段ターサーを履かれている方は0. 気になった方はこちらをご覧ください。

カーボンプレートは前足部の接地感をサポート、よりロッカー機能をフォローするような感じですね。

メタレーサーはよく言われているのが通常入っているサイズよりも0. 24mmのヒールスタックハイトは、定番のテンポアップランモデル程度の厚みです。

Nikeのヴェイパーフライを履くまで、私が実際に予想していた反発型シューズとはこのようなイメージのシューズでした。 同じアシックスの薄底レーシングシューズである ソーティマジックRP5は約155g。

11
ただし窮屈な感じはなく、普段27㎝のシューズを履いている自分の足にもフィット。