そうした時にディサービスなどのような人がたくさんいるサービスを利用したり、サ高住のような同世代の人がいる場所への引越しをすることで孤独感が解消され、老人性うつが良くなる人もいます。 そのため、 スムーズに他人とのコミュニケーションが取れない状態が続くと、精神状態の悪化を招いてしまうのです。

9
老人性うつとは? 老人性うつと、うつ病は基本的には一緒で 65歳以上の高齢者がなってしまううつ病を老人性うつと言います。 老人性うつ(高齢者うつ)とは 「老人性うつ」とは、老年期(65歳以上)の方がかかるうつ病のこと。

老人性うつの特徴を知り、適切な対策がとれるようにしておきましょう。 「老人性うつ」もその一つです。

3
・出かけるのを嫌がり、引きこもりがちになった。 一人暮らしや体が不自由になるとコンビニ弁当やサンドイッチ、おにぎりなど炭水化物に偏った食事になる傾向があります。

高齢者がうつ病になる主な原因 ・高齢化にともなう身体機能の低下 ・伴侶や友人、知人、ペットとの死別 ・自分や家族の病気 ・家族の介護 ・退職による生活の変化 ・家族との生活がうまくいかないこと ・社会的役割を失うこと 悲しみを伴うもの、環境が大きく変わるものなどが原因となって気持ちが落ち込み発症することが多く、その他にも高齢者が服用することの多い血圧降下薬、病気や痛みを抑えるためのステロイド剤、鎮痛剤、抗がん剤などがうつ病を誘発することもあります。 高齢者の場合、うつ病の診断が遅れ、適切な治療やサポートが行き届いていない可能性が考えられます。 他にも認知症と老人性うつ病には共通した病状が見られることもあるのですが、この2つが最も違う点と言うのは、抗うつ薬による治療を始めると、老人性うつ病ではこうした特徴的な症状がみるみる改善するということです。

4
一方、認知症の患者は、意欲がなくなったり問題行動が目立つようになったりはするものの、自責の念のようなものはなく、ケロリとしているのが一般的です。 そのまま放置していると病状はどんどん悪化していきます。

そうした悪循環によって、最終的にはひどいうつに陥ったりするのです。

9
薬の効果よりも先に副作用が現れることもあり自己判断で中止してしまうことも多いので、医師と相談しながら根気よく治療していきましょう。 上記の他に、脳に電流を流す「電気けんれん療法」や光を照射する「光線療法」なども効果の高い治療として行われてきました。

人間関係と人の精神状態には深い関係があります。 ただし、老人性うつの場合、「休ませすぎ」を避ける必要もあります。 一度壊れた有毛細胞は元に戻らないため、症状は改善しにくいとされています。

そのため、高齢者の場合は、うつ病と併発している病気も併せて治療していくことが必要となります。

もちろん食べすぎは禁物ですが、1日の献立にお肉を取り入れ、良質なたんぱく質を摂取することでうつ病予防だけでなく筋力の低下予防にも繋がります。

本人の訴えに対し「辛かったね」「大変だったね」と共感することで、不安感を軽減することができます。 「つらい」「体が痛い」と訴えているときに、否定や反論をしてしまうと、ますます悲観的になり症状の悪化につながります。

時には距離を置いて見守る 最近は世間からのうつ病への理解が深まってきたとはいえ、いざ精神科や心療内科を受診となれば戸惑うのも無理はありません。 老人性うつとは言え、症状や治療法などは通常のうつ病と変わりません。

3
そして、大切なご家族が、陰鬱とした気持ちで毎日を過ごすことで、患者さん本人にも自責の念が芽生えてしまいます。 うつ病でマイナス思考になっているため、自分のいないところでの相談は何か自分にいえない相談をしているのではと考えて不安や落ち込みが強まってしまう人もいます。