ミニストップ• ネットショップ(Amazonなど) このように、自宅付近のコンビニでも買えますし、街ナカの「郵便切手販売所」のマークのお店で販売されることもあります。

8
デイリーヤマザキ• ゆうパケット• 今回は、レターパックを出すとき、宛名書きはシールでもいいのか?その際の注意点などについてまとめました! 郵便ポストは投函口が2つあるものがほとんどですが、レターパックはどちらに入れたらいいんだろう?とちょっと悩んでしまいませんか? 今回はそのポストの左右、どっち!?というのがテーマです。 レターパックはポストの投函が可能な郵便物になるので、ポストがあるコンビ二であれば発送ができます。

レターパックを買いに行くとき、自宅に書き損じハガキがないか探してみてください。

13
発送者住所と氏名• まとめ. ご購入の際には当該店舗におたずねいただくか、又はお近くの郵便局をご利用ください。

たとえばローソンの場合、商品の支払い方法として、クレジットカード・SuicaやPASMOなどの電子マネー・Apple Payでの支払いが出来るのですが、レターパックの支払い方法は現金のみとなっています。 【レターパック】で送れる荷物 【レターパック】で 送ることが可能な荷物は いろいろとあります。

でも店外にポストが設置してるコンビニならそのポストに投函できます。 レターパックライトとレターパックプラスの違い 郵便局に行くと、青いレターパックライト以外に、赤いレターパックプラスがあります。

レターパックを追跡しようとすると、もう発送されたはずなのに「お問い合わせ番号が見つかりません」とエラーが出て、追跡できないことがあります。

11
まずはサイズや重量など概要をまとめました。

レターパックを買える場所 レターパックを購入できるのは、主に以下の6ヶ所です!• ある程度まとまった枚数を購入する場合で手間を厭わない場合はいいでしょう。 3cmを超えると送ることができないため、レターパックライトを利用する際には中に入れるものの厚さに注意しましょう。 レターパック発送から届くまでの日数ですが、基本的に日本全国、翌日、または翌々日に届きます。

19
何より、私にとっては[ポスト投函]・・・これが一番魅力的でした。 これらのコンビニの中で一番店舗数が多いのはローソンで、さらにローソンであれば店内に郵便ポストが設置してあるため、そこからレターパックを送ることも出来ます。

コンビニの次だと支払い方法にコンビニでの支払いに使うことが出来ないクレジットカードを使うことが出来るAmazonという順番になります。 また集荷時間についてですが、郵便局だと午前は12時まで、午後は17時までです。

6
料額印面が汚染し、またはき損されたレターパックはお引き受けおよび交換できません。 直接郵便局に持ち込むことで、ポスト投函より到着時間が早まることもあります。

在庫切れしていることも滅多にありません。 注意点は十分確認し理解した上でレターパックを利用して下さい。 こちらではローソンとミニストップでの購入方法で若干の違いがあります。

レターパックライトとレターパックプラスの専用封筒を販売しているコンビニには、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキがあります。 とはいえ、コンビニや郵便局に行けないときはオンラインストアや激安ショップより使えると思います。