頭部に痣のある白髭の男性(A)、禿頭で眼鏡を掛け刀を持った白い着物姿の男性(B) 、黒い帽子を被った左目付近に傷のあるドレッドヘアの男性(C)、金髪で金髭の男性(D)、長い白髪と口髭の男性(E)からなる。 に敗れて死ぬ寸前のルフィを救助し、彼がドラゴンの息子と判明したことでルフィの護衛を買って出ることを決め、同志と共に脱獄を決意する。 世界会議閉幕後は消息不明となっており、世界経済新聞はサボに関する何らかの事件を報じている。

海軍との戦闘の最中、のニキュニキュの実の能力によって、麦わらの一味は世界各地に飛ばされてしまう。 また、エニエス・ロビーを壊滅させたことにより懸賞金は 3億ベリーに跳ね上がった。

破天荒なルフィたちには手を焼き、普段は憎まれ口ばかりだったが、ルフィたちの危機には体を張ることもあった。

一味総出でパシフィスタを撃破するが、その直後に現れた黄猿や戦桃丸の猛攻に追い詰められる。 大激戦の末、己の手でエースを処刑台から解放することに成功する。

刑法第220条 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

17
スリラーバーク編 次の島魚人島を目指しウォーターセブンを出航し、魔の三角地帯で喋るガイコツと出会い意気投合する。 左手側のいかつい髭面の男が「バス」、中央の白髭を蓄えている男が「アンド」 、右手側のオカマ口調の男が「カビル」。

一応食欲には限度がありクラッカー戦でビスケットを夜通し食べたときは根を上げていた。 頂上戦争終結後、帰還したガープをなぜエースを助けなかったのかと問い詰め、哀しみと怒りのまま殴り倒すが、マキノに止められた。 誕生日は(熊の日)。

6
上空からドフラミンゴを打ち落とし、地盤を大きく真っ二つに割るほどの威力を誇る。

本名不明。 使用中は肉弾戦での戦闘能力が跳ね上がるが、相応のリスクもあるため使用は短時間に限られる。

「空島編」で初使用。

シャンクスが四皇になったのは6年前であると本編958話で言及されており、シャンクスがヒグマと戦ったのは12年前であり当時シャンクスが四皇だったと言うのは間違いである。 対アッチーノファミリー戦で使用。 人気投票順位:1位(第1回 - 第6回) 人物 「」船長。

17
先にカイドウがいるワノ国に向かうゾロ・ロー・錦えもん達と一旦別れ、ナミ・チョッパー・ブルックと同行を申し出たペドロ、勝手についてきたキャロット、案内役としてペコムズを一行に加え「ゾウ」を出発する。 錦えもんから光月家の過去を聞き、カイドウとの決戦の打ち合わせをしている途中、おこぼれ町上空にカイドウが現れる。